29歳 女性フリーターが正社員就職するには

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

最近では働く女性をサポートしてくれる企業も増えてきており、家庭や育児と仕事を両立しながら働く事ができる企業もあります。こういった企業の求人を見つける事ができれば家庭を持っていても、育児中だとしても安心して正社員として働く事ができます。

フリーター就職では年齢が重要

ギリギリ20代の女性フリーターの焦り

女性フリーターが正社員就職するには年齢が大きなポイントとなりますね。

まだ若いうちはフリーターやニートでも就職できるチャンスはたくさんありますが、年齢が上がるにつれてそのチャンスはどんどん少なくなってしまいます。

30代になってしまうとフリーター就職はかなり厳しい状況となってきますので、就職を希望するフリーターの多くは「何とか20代のうちに就職を決めたい」と考えていると思います。

そのため20代ギリギリとなる現在29歳の女性フリーターの方は、就職に対して特に強い焦りを感じているのではないでしょうか。

29歳女性フリーターの就職が難しくなる理由

29歳女性フリーターの就職には様々な壁があり、22歳、23歳くらいの若い世代に比べると就職するのに苦労します。

そもそも、なぜ29歳の女性フリーターは正社員就職が難しくなってくるのでしょうか。

年齢的に若くない

やはり冒頭でも言ったとおり、フリーターの就職には年齢が大きく関係します。

フリーターということは少なくとも直近の職歴はバイトとなり、正社員としての経験は持ち合わせていません。中途採用では経験者が優遇されるので、その点でフリーターは不利になってしまいます。

しかし企業の中には即戦力は求めず、未経験でもOKとするところもあります。そうした求人であれば経験なしのフリーターでも採用のチャンスがありますから、フリーター就職では未経験歓迎の求人を狙うのが基本戦略となります。

ですが、そうした未経験求人の多くは20代の若い人材を対象としています。わざわざ即戦力にならない未経験者を採るような企業はじっくり育てられる人材を欲しがっているので、伸びしろが大きい若い人の方がいいんですね。

29歳は一応20代ではあるものの、22歳、23歳といった20代前半の人に比べればずいぶんと歳をとってしまっています。そのため若い人が欲しいと考える企業にとってはあまり魅力的には映らないんですよね。

もちろん30代に比べたらまだ20代というだけでも大きな価値はありますが、20代前半に比べたら弱いという事です。

「いい歳してフリーター」と思われる

若いうちは自分のやりたいことが分からなかったとか、在学中に内定がもらえなくてそのまま卒業してしまった、はたまた夢に向かって挑戦していたなど、様々な理由からフリーターになる人は少なくありません。

そして周りもそんなフリーターに対して「まだ若いし、色々経験してみるといいよ」と温かい目で見てくれることが多いです。

しかしそれも20代前半~中盤くらいまで。25歳を過ぎてもまだフリーターでいると、「いつまでフラフラしているんだ」という冷ややかな目で見られるようになります。

それは採用担当者も同じで、29歳フリーターという肩書きを見た時点で

といった印象を持ってしまいます。

当然こうしたイメージは採用するにあたってプラスには働かないので、29歳フリーターという事だけで就職に不利になってしまうんです。

社会人経験が少ない

29歳までずっとフリーターだったのか、それともずっと正社員勤務をしていて最近フリーターになったばかりなのかにもよりますが、基本的にフリーターは社会人経験が少ないと思われます。

職種に関する経験が無いのは異業種転職をする人も同じなのですが、職種に関わらず正社員経験があれば社会人としての基礎は出来上がっていますよね。

しかしバイトばかりして正社員経験がないフリーターは、敬語が使えないんじゃないかとか、電話応対や来客対応ができないんじゃないかと思われてしまうことがあります。

またバイト経験しかないと、正社員としての責任感が無いだとか、就職しても嫌になったらすぐ辞めるんじゃないかといった懸念もあります。

こうした社会常識やビジネスマナーに対する不安から、フリーターの採用は避けたいと考える企業も少なくないと思います。

結婚退職を恐れて敬遠される

女性は結婚を機に退職する人が多く、また仕事は辞めなかったとしても子供ができたら時間勤務に切り替えて働く人もいます。

これは世の中の「子育ては女性がするもの」という考え方が変わらない限り仕方のないことだと思うのですが、企業の中にはこうした女性の働き方に対して理解が薄いところもあります。

そのため面接の段階で結婚予定がないか聞き出し、結婚しそうな人は最初から採らないという事をする会社もあるのです。

29歳というと世間一般ではいつ結婚してもおかしくない歳と考えられますから、29歳で独身となればそれだけで結婚予定や彼氏の有無に関わらず敬遠される可能性もあります。

29歳女性フリーターが就職する方法

このように29歳の女性フリーターには就職に不利になる要素がいくつもあるため、就活が上手くいかない事もあると思います。

「もうこの歳で正社員就職は無理なのかな…」と諦めかけている方もいるかもしれません。

しかし、29歳女性だってフリーターから正社員就職することはできます。確かに20代前半の頃に比べると難しくはなってくるかもしれませんが、就職できないなんてことはないんです。

まず一番覚えておいてほしいのが、29歳は企業からするとまだまだ若手の部類に入るということ。

29歳にもなると周りには自分より年下の人も増えてきますし、つい「もうこんな歳」という考え方をしてしまいがちですが、29歳はまだまだ若いです。

20代という響きは強力です。29歳と30歳は1歳しか違わないのに、30代になってしまう30歳はまだ20代の29歳とは全然印象が違います。

20代のうちなら企業にもよりますがまだまだ若手として扱ってもらえますから、必要以上に自分を卑下することなくその若さを武器に自信を持ってほしいと思います。

とはいえ、あと1歳で30歳になってしまうことには違いないので、20代の今のうちに就職が決まるように頑張る必要はあります。

フリーターの就職にはフリーター向けの就職支援サービスを活用することが成功のカギとなるのですが、こうしたフリーター向けの就職支援サービスの多くは若年者向けとして20代を対象としているんです。

中には30代でも一応利用できるところはありますが、やはり就職が決まりやすいのは20代が中心ということなので、ここは20代のうちに勝負を掛ける必要があるでしょう。

フリーターでもOKの未経験歓迎求人が集まっている就職支援サービスはやはりフリーターにとって大きな味方となりますから、利用できる今のうちに登録しておくことをおすすめします。

当サイトでもフリーターにおすすめの就職支援サービスをご紹介していますので、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね。

フリーターにおすすめ!就職サイトランキング

29歳で就職するなら就職先選びも大切

29歳という年齢なら、この先結婚を考えている方も少なくないと思います。もうすでに結婚を考えている彼氏がいる方もいるでしょう。

それにもし今は全く結婚するつもりがないとしても、この先何が起きるかは分かりません。気が付いたら電撃結婚することになることだってあるかもしれないので、どんな人だって可能性はゼロではないですよね。

そうなると考えておきたいのが結婚後の働き方です。女性の場合は特に結婚後に働き方が変わりやすいですから、それを見越して結婚後も働きやすそうな職場を選ぶのが理想ですね。

結婚後も働きやすいというのは具体的にいうと、

といった条件が挙げられるでしょうか。

あと最も大事なのが、女性の働き方に理解があるということですね。

ここがダメだと子供のことで休みを取る度にネチネチ文句を言われたり、女性は最初から出世の道が閉ざされているといったことも起こります。

本当に女性の働き方に理解があるかどうかは外部からは分からない部分もありますが、判断材料の一つとして既婚女性が多く活躍している企業は女性が働きやすい環境である場合が多いです。

結婚した後にこうした企業を見つけて転職するという手もありますが、29歳という年齢的にもこの先簡単に転職先を見つけられるとは限りません。

ですからできることなら今のうちから今後も働きやすい職場を選んでおくのが理想的です。

就職支援サービスで求人紹介を受ける際にはこうした女性が働きやすい職場という希望も聞き入れてもらえるはずですから、利用の際はぜひ相談してみてくださいね。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
リクルートの就職支援
就職Shop
評価:★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード