面接でしてはいけない質問

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

就活の最終段階で行われる面接。面接で採用の合否が決まってもいいと言っていいでしょう。この面接時の最後に応募者が企業に質問をする時間が与えられます。ここで企業についての事を質問すれば企業研究の成果をアピールする事ができ、面接官に好印象を与える事ができます。

質問の内容には注意する!

マイナス評価に繋がる質問内容

就活の最終段階で行われる面接。面接で採用の合否が決まってもいいと言っていいでしょう。

この面接時の最後に応募者が企業に質問をする時間が与えられます。

ここで企業についての事を質問すれば企業研究の成果をアピールする事ができ、面接官に好印象を与える事ができます。

しかし、なにを質問してもいいのかというとそうではなく、この質問の内容によっては面接官に好印象ではなくマイナスのイメージを与えてしまう事もあるので質問の内容には注意しましょう。

質問で避けた方が良い内容は、

漠然とした内容

仕事内容や事業内容、社員数など調べればすぐにわかる内容はNGです。企業研究をしていない事を自ら証明してしまう事になり逆効果になります。

質問をする際には更に一歩踏みこんだ内容の質問をしましょう。

待遇について

待遇や給料面に関して気になる方も多いと思いますが、面接時に待遇に関する事を質問するのは面接官も良く思いません。

待遇面や給料の事ばかりを気にしていると仕事への意欲や熱意を伝える事ができなくなってしまいます。

待遇面や給料に関する事は求人票で確認する事ができますので、それ以上の事はあまり詮索しない方が身のためです。

全く的外れな質問

その質問でなにを知りたいのか理解できない質問もNGです。

質問する内容は企業に関する事、そして面接官に何を知りたいのかが伝わる質問にしましょう。

面接で質問をする意味

面接の最後に行われる質問をする時間。

この時に面接官が何を探っているのか?どんな意図があるのか?考えたことはあるでしょうか。

ただ企業とのミスマッチを防ぐだけではありません。

面接官は質問を受ける事で仕事への意欲や熱意などを確かめているのです。

企業に関心があれば質問したい事も自然と多くなってきます。

ただ、注意したい事は上記でもご紹介しましたが調べればわかる内容の質問はNGです。

企業について理解度がないと思われてしまい面接官にマイナスイメージを与えてしまいます。

他にも積極性や伝える力があるのかという事も面接官は見ています。

自ら質問をする事で積極性があるという事をアピールする事ができます。

また、どのような言葉を使って質問をしてくるのか、しっかり相手に伝える力があるのかという事も見ています。

質問する内容を事前に準備し、この質問をする事で何を知りたいのかがわかるような内容を考えましょう。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード