就活中はソーシャルメディアの使い方にも注意が必要!

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

最近ではFacebookやTwitterを活用して就活を行なう事もできます。こういったソーシャルメディアを活用した就活はソー活と呼ばれていて注目を集めています。FacebookやTwitterを利用して企業の情報を公開している企業も多く、ソーシャルメディアからでも企業の情報をしっかり収集する事ができます。

就活にソーシャルメディアを活用する時の注意点

ソーシャルメディアを活用した『ソー活』

インターネットの普及もあり、インターネットを利用して就活を行なっている方も多いと思います。

最近ではFacebookやTwitterを活用して就活を行なう事もできます。

こういったソーシャルメディアを活用した就活はソー活と呼ばれていて注目を集めています。

FacebookやTwitterを利用して企業の情報を公開している企業も多く、ソーシャルメディアからでも企業の情報をしっかり収集する事ができます。

企業の情報以外にも就活ノウハウや就活に関する情報も収集する事ができ、ソーシャルメディアは現代の就活に大きく役に立つものになっています。

正社員採用を目指して就活をしている多くの学生さんやフリーターの方はFacebookやTwitterをフル活用して就活を行なっていると聞きます。

このように正社員を目指して就活を行なっている方にとってはソー活はメリットが多くあります。

しかし、FacebookやTwitterといったソーシャルメディアを活用して就活を行なう時に注意しなければいけない事があります。

ここでは就活中のソーシャルメディアの使い方の注意点をご紹介しています。

企業に見られている可能性も十分にある

企業によってはFacebookやTwitterを利用して応募者がどのような人間なのかを見ていると言います。

特にFacebookの場合は名前を入力して検索するだけですぐに自分の情報を見られてしまいます。

問題発言(倫理観を疑われるような発言)やネガティブな発言、などを企業に見られてしまうと大きなマイナスになってしまう可能性があります。

また、FacebookやTwitterを利用している方の中には就活のについてのコメントを頻繁に更新している方もいます。

「今日、面接に行った企業の雰囲気が最悪だった」「圧迫面接だった」「内定もらった」などのコメントを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

こういったコメントももしかすると企業の採用担当者に見られている可能性が十分にあります。

就活中にソーシャルメディアを利用する際、言動には十分注意をしなければいけません。

閲覧制限をする、問題のある言動をしない、就活情報を公表しない、などの対策をする事も重要になってきます。

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用して就活を行なうメリットは多くありますが上記でご紹介してきたようなデメリットも存在します。

就活に役に立つ情報を収集する事もできますが、採用の判断材料に使われている可能性もあるという事をしっかり把握してソーシャルメディアを利用するようにしましょう。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード