30代フリーター 押さえておきたい就活ポイント

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

30代の就職は不利だとよく言われていますが、30代からでも就職する事は十分に可能です。ただ、ありきたりな就活では採用をもらえる可能性も低くなってしまいますので就活のポイントはしっかり抑えておきましょう。

就職を目指している30代フリーターさんへ

30代からの就職はやっぱり不利?

現在、30代で正社員就職を目指して就職活動を行なっている方も多くいると思います。

よく20代と比べると30代からの就職はいっきに難しくなるという話を聞く事ができます。

確かに30代になってから未経験の職種に就職する際には、不利になる事が多く出てきます。

実務経験やスキルがある場合ですとスムーズに就職する事ができる可能性もありますが、まったくスキルがない状態ですと正社員として採用される可能性は低くなってしまいます。

しかし、スキルや実務経験がなくても正社員として就職できる可能性はゼロではありません。

どのような就職活動をするかでも採用をもらえる可能性は大きく変わってきます。

30代からでも有利に就職活動を行なう事ができれば正社員として就職できる可能性も高くする事ができます。

ここでは30代からでも有利に就職活動を行える方法をご紹介しています。

現在、30代で正社員採用を目指している方に参考にして頂きたいと思います。

30代フリーターが押さえるべき就活ポイント

30代からでも就職する事は十分に可能!

30代の就職は不利だとよく言われていますが、30代からでも就職する事は十分に可能です。

ただ、ありきたりな就活では採用をもらえる可能性も低くなってしまいますので就活のポイントはしっかり押さえておきましょう。

経験やスキルを活かせる仕事は採用されやすい

30代からの就職になると今までの経験やスキルが重要になってきます。

もし、過去の職歴で身に付けたスキルを活かせるお仕事がある場合は積極的に求人に応募してみましょう。

そして、そのスキルや経験をアピールして即戦力になれるという事を企業側にアピールしましょう。

中途採用を行なっている企業の中には即戦力になる人材を求めている事が多いのでスキルや経験があれば採用をもらえる可能性も高いですよ。

また、職歴がない場合や職歴が短い場合でも過去の学歴や経験、自分の性格などを自己分析して、自分を活かせるお仕事を見つける事ができれば就職できるチャンスを広げる事ができます。

20代ですと自分がやりたい仕事を見つけて就職する事も可能でしたが、30代になるとそう簡単に就職もできませんので採用されやすい仕事を見つけて就職する事が重要になります。

フリーター就職 仕事選びのポイント

未経験を歓迎している求人を見つける

就職サイトや求人サイトの正社員求人を見ていると実務経験が必須になっている求人や経験者を優遇している求人があります。

実務経験がない方でも応募する事はできますが、採用をもらえる可能性は極めて低いでしょう。

逆に未経験を歓迎している正社員求人もあり、フリーターから正社員を目指す場合や未経験の職種へ就職する場合には『未経験可の正社員求人』を見つける事がポイントになりますね。

未経験可という事でスキルや経験がなくても就職できるチャンスがあり、フリーターの方にとって未経験可の正社員求人は大きな存在になってくれます。

30代から就職を目指す際にも同じで未経験可の正社員求人に絞って求人探しを行った方が採用をもらえる可能性を高くする事ができますよ。

現在、就職を目指している30代の方には未経験者を歓迎している求人や経験不問の正社員求人に的を絞って求人探しを行う事をおすすめします。

未経験・フリーターから正社員になる方法

応募書類で自分をしっかりアピールする

就職をする際に必ず必要になるのが応募書類になります。

履歴書、職務経歴書が応募書類になり、この履歴書と職務経歴書は採用の大きな判断材料になるので慎重に作成しなければいけません。

適当な履歴書、職務経歴書を作成してしまうと自分をしっかりアピールする事もできませんし、企業側にも興味を持ってもらえませんので書類選考の時点で不採用になってしまうでしょう。

書類選考を通過して面接に進むためにも、履歴書や職務経歴書では自分の事をしっかりアピールして企業側に興味をもってもらいましょう。

今までの学歴や職歴、自分の性格や人間性など、その企業で活かす事ができるものは積極的にアピールして企業側に少しでも興味をもってもらいましょう。

少しでも企業に好感をもたれれば書類選考を通過する事ができ、面接へと進む事ができる確率もアップします。

他にも応募書類に添え状なども同封する、几帳面な性格、常識がある、という事を企業側にアピールする事ができ、好印象を与える事ができますよ。

企業が30代に求めるものってなに?

企業が30代に求めるものは即戦力になること

現在、会社の経営不振によるリストラや倒産などで職を失った無職の30代の方も多いです。

30代になってしまうと就職はいっきに難しくなります。

スキルや経験があればすぐに新しい職場を見つける事はできますが、未経験からの就職になると就職の壁は大きなものになります。

企業が中途採用の30代に求めるものはまず即戦力になるか、ならないかという事です。

一般的な企業では30代となると若手ではなく中堅的な存在です。人によっては企業の幹部に就いているという方もいます。

企業からすると30代の人をゼロから教育していくには色々とリスクになる事が多いんですね。

同じ人を教育するなら将来性もあり、成長ののびしろがある20代を採用した方が企業にとってはメリットになるんです。

このように中途採用の30代の方にはまず、即戦力になるか、ならないかという事が採用の判断材料になる傾向にあるので、仕事探しをする時は興味のあるものを仕事にするという考えではなく『自分のスキルを活かせる仕事を探す』という考えで仕事探しをするといいでしょう。

なにか活かせるスキルがあれば即戦力になれる可能性もあり、採用をもらえる可能性も高くなります。

企業が求めるものをしっかり把握する

30代からの就職は不利になる事が多くありますが、企業が求めるものをしっかり把握する事ができていれば30代からでも就職する事は十分に可能です。

求人に応募する際にも企業研究をしっかり行い、企業が求める人材、社風、企業の特徴なども把握した上で志望動機や自己PRを作成する事ができればおのずと就職できるチャンスは広がります。

他にも就職サイトの支援を受けるなど、活用できるものをフル活用して自分の就職に役立てましょう。

就職サイトはお仕事探しの心強い味方になってくれる存在ですので30代の方でも有利に就活を進める事ができますよ。

悩みや不安などの相談事にもしっかり応えてくれるコンサルタントもいますので自分1人で就活を行うよりも断然有利に就活を行う事ができるでしょう。

就職支援サイトを利用して就職活動を有利に行う

30代フリーターの心強い味方になってくれる就職支援サイト

30代が有利に就職活動を行なうためにも利用してもらいたいのが就職支援サイトになります。

就職支援サイトとはフリーターや求職者など、就職を目指して就職活動を行なっている方を支援してくれる機関になり、就職支援サイトを利用して就職活動を行なえば、30代でも有利に就職活動を行なう事ができます。

就職支援サイトでは様々なサポートを受ける事ができ、求人探しから履歴書・職務経歴書の添削、面接対策まで就職活動に役に立つサポートをしっかり受けられます。

また、就職活動に対する不安や悩みなどにも専任コンサルタントが対応してくれるので自分一人で就職活動を行なうよりも断然有利に就職活動を行なう事ができます。

30代でも有利に就職活動ができるように様々な面であなたの就職活動をサポートしてくれるので、現在30代で就職活動を行なっている方には是非、就職支援サイトを活用して就職活動を行なう事をおすすめします。

まずは相談からでもいいので就職支援サイトに問い合わせてみるといいでしょう。

専任コンサルタントがあなたにぴったりの就職活動方法を提案してくれるので有利に就職活動ができ、正社員として採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

30代で就職・転職を最後にするためにも

将来を見据えた就職を行う!

できる事なら就職・転職は何度も繰り返さない方がいいです。

スキルアップのための転職だとしても30代・40代になってからの就職は難しいのが現実ですので、30代での就職・転職を最後にする事が望ましいです。

30代で就職を最後にするためにも将来的なキャリアプランもしっかり計画し、そのキャリアプランに沿って就職を行う事が必要ですね。

キャリアプランを計画するためにもまずは将来の方向性を定めなければなりません。

自分がしたい事はなんなのか?自分に合っている仕事はなんのか?という事をまずはじめに定めないといけないんですが、30代からの就職ですと自分がしたい仕事をするよりも自分のスキルを活かせる仕事を探した方がいいですね。

20代ですとまだ若さという武器があるので自分のやりたい仕事に就く事が可能ですが、30代・40代になると自分のやりたい仕事にはなかなか就けるものではありません。

就職を有利にするためにも、『自分にもできる仕事』『自分のスキルを活かす事ができる仕事』に焦点をおいて仕事探しを行う事をおすすめします。

就職・転職を繰り返さないためにはも将来の方向性を定める

過去の経歴を振り返り、自分が身に付けているスキルを再度、確認してみましょう。

そして、そのスキルが活かせるお仕事を探し、将来の方向性を決めていきましょう。

仕事探しを行う際、はじめの段階で将来性がしっかり決まっていると、仕事探しも効率よく行う事ができますし、志望動機も作成しやすくなります。

将来の方向性を定める事で将来的な事を踏まえた志望動機を作成する事ができるので企業側にも好印象を与える事ができ、採用をもらえる可能性を高くする事ができますよ。

こういった将来の方向性を定める事も就職・転職を繰り返さないためには必要な事になります。

上記でも述べましたが30代を過ぎてから就職・転職を何度も繰り返す事は難しいです。

1回の就職で定職に就けるためにも将来的な事もしっかり考えて就職活動を行ないましょう。

将来の方向性が定まっていると企業側に好印象を与えられる

将来のキャリアプランが定まっていると企業側には好印象を与えることができます。

年齢問わず面接では将来的なキャリアプランを聞かれる事が多く、この質問にしっかり答える事ができれば夢や目標を持って仕事に取り組む事ができる人という印象を企業側に与える事ができるんですね。

やはり、何事にも目標を持つ事は大切で目標がある事で仕事への意欲もアピールすることができます。

たとえ年齢的に不利な事があったとしても仕事への意欲を企業側にアピールする事ができればプラスの印象を与える事ができるので採用をもらえる可能性も高くする事ができますよ。

もし、ここで将来性が定まっていないと、就職をしてもまたすぐに仕事を辞めてしまうのでは、この先も何度も転職を繰り返す可能性がある、というマイナスの印象を企業側に与えてしまいますので採用をもらえる可能性も低くなります。

妥協すると就職失敗の可能性が高くなる!

妥協しないで自分が本当に働きたい仕事に就く

30代で就活を行なっている方は仕事探しは30代がラストチャンスだという事をしっかり認識して就活を行なう事が必要です。

30代になってから転職を繰り返す事になると就職はどんどん不利になっていきます。

30代での就職は20代と違い不利になる事が多く、応募できる正社員求人も限られてきます。

30代で転職を繰り返さないためにも妥協をしないで就活を行なう事は大切になる事です。

現在、30代で就活を行なっている方の中にはなかなか採用をもらえなくて焦っている方も多いと思います。

焦っているからといって『就職できればどの職種でもいい!』という考えを持つのはやめましょう。

手当たり次第に求人に応募し採用をもらえたとしても長く続かなく、すぐに退職をしてしまう可能性があります。

そうなってしまうと結局またいちから就活を行なわなければいけない事になります。

そうならないためにも自分が希望する求人が見つからなくても、なかなか採用をもらう事ができなくても妥協をせず、自分が本当に働きたいと思っている職種の求人を探して応募するようにしましょう。

5年後、10年後、20年後の事もしっかり視野に入れる

労働条件や給料などの事もしっかり確認し、長期間働き続ける事ができるのかを見極める必要もあります。

5年後、10年後、20年後の事もしっかり視野に入れて、この企業でいいのか?という事をしっかり見極めましょう。

先ほども述べましたが30代が就職・転職のラストチャンスになります。

安易な考えで就職・転職をするのではなく将来的な事もしっかり見据えて就職・転職を行なうようにしましょう。

30代でも就職できるチャンスを広げてくれる『急募』

30代でもすぐに就職できる可能性がある

年齢的に就職が厳しくなる30代。

スキルや経験があれば30代でも就職はスムーズにいきますが、フリーター歴が長かったり、スキルがなかったりするとなかなか就職を決める事ができないのが現実です。

ただ、30代でも視点を変えて就活・求人探しをすぐに就職できるチャンスもあります。

例えば、求人探し。

ただ、自分がやりたい仕事に重点をおいて求人探しをするのではなく、求人内容にもしっかり目を通してもらいたいと思います。

求人内容をしっかり確認してみると、その求人が急募の求人だったり、未経験を歓迎している求人だったり、年齢不問の求人だったりします。

こういった求人に申し込めば30代でもすぐに就職できる可能性があるんですね。

その中でも注目してもらいたいのが『急募の求人』です。

30代でも戦力になると判断されれば就職できる

求人サイトの正社員求人を見ていると、急募と記載された求人を見る事ができます。

企業側が何かしらの理由ですぐに人材を確保したい場合にこの急募が使われる訳ですが、意外とこの急募の求人が狙い目なんですよね。

人材を募集している企業側もすぐに人材を確保したいという事で高待遇・好条件で募集をかけたり、採用基準を下げて選考するケースもあるので30代の方でも就職できるチャンスはあるといっていいでしょう。

私も過去に何度か人事のお仕事に携わった事がありますが、急募で求人をかける時には1人でも多くの応募者が来てほしいという事で年齢条件を広げたりしていました。

普段は将来性がある20代をメインに採用をしているのですが、急募の時に関しては30代でも戦力になると判断する事ができれば採用をしていましたね。

「自分にできる仕事を探す」という考えにシフトチェンジ

30代からの就職は「自分がやりたい仕事を見つける」という考えから「自分にできる仕事を探す」という考えにシフトチェンジする事も大切で、考え方や視点を変える事で求人探しの幅も広げる事ができます。

幅を広げて求人探しをする事で上記でご紹介したような急募の求人を見つける事もできるので就職できる可能性を少しでも高くする事ができますよ。

もし、急募の求人を見つけた時にはその企業でなにか活かせるスキルがないのかを探し、活かせるスキルを見つけた時は積極的にアピールして企業に興味を持ってもらいましょう。

企業側に戦力になると判断されれば就職に大きく近づく事ができるので、現在30代で仕事探しをしている方は急募の求人を狙ってみるという事も就職するひとつの手段だという事を頭にいれて求人探しをしてみてください。

就職支援サービスでより詳しい求人情報を収集する

就活・求人探しをする際、就職支援サービスを利用する事でより詳しい求人情報を収集する事ができます。

求人探しをサポートしてくれるコンサルタントがいて、コンサルタントを味方に付ける事で、求人内容に書かれている事だけではなく、どのような現場なのか?働いている方はどんな方なのか?という求人内容には書かれていない事も知る事ができます。

どのような企業なのか、自分に合っている企業なのかという事をしっかり見極める事ができます。

自分一人で求人探しを行なうよりも就職支援サービスを利用して求人探しを行なった方が自分に合った求人も見つかりやすくなります。

現在、30代で就活・求人探しを行なっている方には就職支援サービスを利用して就活・求人探しを行なって頂きたいと思います。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
リクルートの就職支援
就職Shop
評価:★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード