既卒からの就職は難しい?既卒の就活ポイント

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

既卒からの就職に不安を抱えているフリーターさんへ、ここでは既卒フリーターの就活ポイントについてご紹介しています。はじめて就活を行う既卒フリーターさん、現在、既卒から就職を目指しているフリーターさんに是非、参考にして頂きたいと思います。

既卒フリーターからの就職ポイント

既卒フリーターからでも就職できる!?

既卒から就職を目指しているフリーターさんへ。

「在学中に就活をしたけど内定をもらえなかった」
「やりたい事が見つからなかった」
「そもそも就職する気がなかった」

といような理由で既卒から就職を目指しているフリーターさんは多いと思います。

既卒から就職を目指す時、色々と不利になる事があります。

まず、自分一人で就活を行わないといけないという事です。

学校に在学中は学校からの就活サポートもあって、スケジュールが立てやすいです。企業説明会やOG訪問など。しっかり計画を立てながら就活を行なっていく事ができます。

しかし、学校を卒業した既卒の方は就活のすべてを自分一人で行わなければなりません。スケジュールの管理、情報収集、求人探し。他にも企業説明会への参加やOG訪問のアポも自分一人で行っていかなければなりません。

既卒フリーターから就職を目指している方の中には就活経験がある人もいると思いますが、在学中に就活を行わなかったという人もいるでしょう。就活未経験の方がいざ就職をしようと思ってもどう就活を進めていいのかわからないですよね。

どう求人探しをすればいいの?志望動機や自己PRはどう作ればいいの?どんな面接対策をすればいいの?といような不安や悩みが出てくると思います。

そんな既卒からの就職に不安を抱えているフリーターさんへ、ここでは既卒フリーターの就活ポイントについてご紹介しています。はじめて就活を行う既卒フリーターさん、現在、既卒から就職を目指しているフリーターさんに是非、参考にして頂きたいと思います。

そもそも既卒ってなに?

既卒とは?

既卒とは、高校、大学、専門学校を卒業して就職をしていない人達のこと指します。既卒の明確な定義はありませんが、学校を卒業して一度も就職をしていない人の事を既卒と言います。

既卒は新卒求人に応募できるの?

既卒と新卒は違うというイメージをお持ちの方も多いと思います。

求人を見てみると、応募条件に「新卒」と記載されている求人も多いですが、実は既卒の方でも新卒求人に応募する事ができるんですね。

ただ、企業によっては既卒の応募に条件を設けている場合があります。だいたいの企業が「卒業後3年まで」なら新卒採用枠として既卒を受け入れている傾向にありますので既卒は新卒求人にもエントリーする事が可能です。

既卒の就職率はどのくらい?

「既卒=就職は不利」というネガティブな印象がありますが、、実際の所はどうなのでしょうか。

マイナビが2015年に行った既卒者調査によれば、2015年の既卒者の内定率は43.2%という数字になっています。就活をしている既卒の約2人に1人が内定をもらう事ができているという事です。

この既卒の内定率は年々高くなっており、2013年の内定率と比較すると約2倍にもなっています。

景気が回復しつつある現在、既卒だからといって就職が不利になるのかというとそうではなく、既卒からでも十分に就職を決める事ができます。

既卒フリーターが就活する時に押さえておきたいポイント

既卒フリーターから就職を目指している人には就職ポイントをしっかり押さえてから就活をスタートしてもらいたいと思います。

ただ闇雲に就活を始めても効率は悪くなってしまうだけです。それに求人にエントリーしてもなかなか採用をもらえないという状況に陥ってしまう恐れがあるので、ポイントになる事をしっかり押さえてから就活をスタートするようにしましょう。

フリーターの正社員就職サービスを利用する!

現在、既卒から就職を目指しているフリーターさんにまず就職ポイントとして押さえてもらいたい事は自分一人で就活を行わないという事。プロのサポートを受けながら就活を行なっていくという事です。

近年、フリーターの正社員就職サービスが多く誕生していて就職を目指している既卒フリーターの心強い味方になってくれます。正社員就職サービスには就活をサポートしてくれる専任コンサルタントがいて、求人の紹介をはじめ様々なサポートを受ける事ができます。

専任コンサルタントから受けられるサポートの中には履歴書や志望動機、自己PRの作成サポートや面接対策なども含まれているので就活経験がない既卒フリーターでも有利な応募書類を作成でき、その上、万全な状態で面接にも挑む事ができます。

また、正社員就職サービスには未経験可の正社員求人ばかりが集まってきますから、自分で探すよりも効率良く情報にアプローチできるでしょう。

こちらのページでフリーター就活におすすめの就職サイトをご紹介していますので是非、ご覧になってみてください。

既卒が内定をもらいやすい時期

求人市場では1年に2回、求人の数がいっきに増える時期があります。この時期を見計らって就活を行えば豊富な求人を見つける事ができ、採用をもらえる可能性も高くする事ができるでしょう。

求人が増える時期は、業界や職種によって変わってきますが、基本的には以下のような動きになります。

求人数が増える時期 : 1月~3月
求人数が減る時期 : 4月、8月、12月

新年度やボーナス、大型連休が終わった時期となります。

新年度に新しく新入社員と一緒に中途で人材を募集する企業やボーナス支給後や大型連休明けに欠員した人材を補充する企業が増えます。

この求人が増える時期に合わせて求人探しを行えば日頃、見る事ができない企業の正社員求人にも目を通す事ができ、求人探しの幅を広げる事も可能です。

より多くの正社員求人を見つける事ができればそれだけ自分に合った正社員求人が見つかる確率が高くなるので就職成功の確率もアップします。

就活は目標を立てて計画的に行う!

学校に在学中の方ですと学校を卒業するまでに就職をするという目標を立てる事ができますが、既卒フリーターの方ですと就活の期限もなく、なかなか目標や計画を立てる事が難しいと思います。

特に自分に対して甘い人ですとダラダラ就活を行なってしまう傾向にあります。

既卒フリーターが正社員を目指して就活を行う時、しっかり計画を立てて就活を行う事も大切です。

いついつまでに就職をする、いついつまでに自分に会っている求人を見つけて応募する、いついつまでに資格を取得する、などの計画を立てる事で同時に目標を作る事もできます。

計画を立てないで就活を行ったり、目標を作らないで就活を行なってしまうと気持ち的にもダラダラしてしまい、いつまで経っても就職を決める事はできないでしょう。

明確な期限を作る事で気も引き締める事ができ、就職を決める事ができる可能性も高くする事ができます。

就活の計画を立てるためにもスケジュール帳を常に持ち歩き、また部屋の常に見える位置にもその目標を掲げ、士気を高めながら就活を行うようにしましょう。

しっかりとした計画を持って就活に取り組む人ほど就活を就職させる傾向にあるので現在、就活を行なっている方はまずは就活の計画を立てるところから始めてみましょう。

計画を持って就活した事を企業にアピールする

計画を持って就活をした事を自己PRや面接で企業にアピールする事もできます。

社会人にとって計画性は必要になるスキルのひとつになります。

計画性を持ってその計画通りに物事を進める事ができれば自己管理をしっかり行えるという事を企業にアピールする事ができます。

社会人はスキルアップをするために常に目標を掲げながら仕事をしていかなければいけません。

就活をしている時から計画性を持つ、目標を掲げる事を身に付ける事ができれば就活も有利に進める事ができ、企業からの評価も高くする事ができるでしょう。

現在、就活中の方は小さな目標からでもいいのでまずは目標をひとつ掲げその目標に向けて就活を行いましょう。

そして、その目標をクリアしたらまた新しい目標を作り、またその目標をクリアできるように就活を行なって行きましょう。

そうする事で就活も効率よく行う事ができ、就職できる可能性も高くする事ができます。

就活中のアルバイトはやめるべき?

就活中にバイトを行なう時に気を付けたい事

現在、既卒フリーターから就職を目指している方の中には就活をしながらバイトをしているという人もいる事でしょう。

生活費を稼ぐためにバイトをしなければいけないという方も多くいると思います。

就活中にバイトをする事は決してダメな事ではありません。ただ、働き方によっては就活に影響を及ぼす事があります。

就活中にバイトを行なう時、気を付けたい事は毎日バイトをしないという事と多少融通うが聞くバイトをする事です。

正社員を目指して就職活動を行うにあたり、アルバイト先とのスケジュール調整が大切になります。

バイト先へは正直に話をし、シフトを考慮して貰えるように伝えておくことが重要です。また、もし就職先が見つかった場合、どのくらいの期間を引き継ぎ期間として仕事に残れるかも予め考えておくと良いでしょう。

仕事が見つかったので今週で辞めさせてください!では、アルバイトとはいえ、ちょっと責任感がなさすぎですよね。

そういった事を考える事も大切です。ましてこれから正社員として働くのですから、こういった配慮をする事にも頭を慣れさせていく必要があるでしょう。

日中のバイトは就活に影響がでる

当たり前の事ですが毎日バイトをすると就活を行なう時間が無くなってしまいます。特に日中のバイトの場合、就活に支障をきたしてしまう事が多くあります。

企業説明会やセミナー、面接などは日中に行われるものです。就職支援サービスなどの利用もほとんどが日中のみの利用になります。日中に毎日バイトをしてしまうと企業説明会やセミナーに参加する事ができなくなってしまいます。

また、面接がいきなり行われる場合もあります。バイトと面接では面接の方が優先になり、バイトを急に休まなければいけないという事も出てきます。

バイト先にも迷惑がかかる場合もあるので就活をしている時は日中のバイトを毎日する事は避けるようにしたい所です。

日中のバイトでも融通が利くバイト、勤務日数が少ないバイトを選ぶようにしましょう。

就活中は就活をメインに行えるバイトを選ぶ

日中は就活に専念し、夜にバイトをする方法もあります。夜の時間帯ですとセミナーや企業説明会は開催されませんし、夜に面接を行なう企業もありません。

身体的にはきつくなる事もありますが就活をしっかり行いたい方は夜のバイトをする事をおすすめします。

また、最近では短期バイトの求人も多く見る事ができます。短期バイトは1日のみ、3日のみ、といった短期間のみのバイトになるのでスケジュール管理をしっかり行う事ができればバイトをしながら就活を行なう事ができます。

短期バイトは自分の都合で働く事ができるので就活中にバイトをお考えの方にはオススメできるバイトです。実際に就活をしながら短期バイトしているフリーターさんは多くいると聞きます。

上記でご紹介してきたように就活中は就活をメインに行えるバイトを選んでバイトをするといいでしょう。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
リクルートの就職支援
就職Shop
評価:★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード