その企業でなぜ働きたいのか?本気度をアピールする

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

現在、正社員を目指して就活を行なっているフリーターの方へ。あなたは求人に応募する際、企業に『この企業に就職したい!』という本気の気持ちをアピールしていますか?

志望動機で働きたい気持ちをしっかり伝える!

『この企業に就職したい!』という本気の気持ちをアピールする

現在、正社員を目指して就活を行なっているフリーターの方へ。

あなたは求人に応募する際、企業に『この企業に就職したい!』という本気の気持ちをアピールしていますか?

採用をする企業側からしてもあなたがなぜ弊社を選んだのかがわからなければ、「別に弊社じゃなくてもいいのでは?」「弊社に就職したい気持ちが伝わらない」という印象を与えてしまいます。

「就職できればどこの企業でもいい」
「この仕事に興味があるから」
「経験やスキルがあるから」

といった、抽象的な志望動機では企業側にあなたの本気が伝わらないので、志望動機や自己PRでなぜその企業に就職したいのか、なぜその企業でなければダメなのか、という理由を明確にしてあなたの本気度を企業側に伝えましょう。

企業研究は念入りに!

企業側にあなたの本気を伝えるにはまず、その企業の事をしっかり調べなければいけません。

なにをしている企業?どんな経営方針?規模はどのくらい?働いている社員は何人?将来性はある?自分のやりたい事はできる?その企業でなにか活かせるスキルや経験はある?

など、その企業の事を徹底的に調べ、そしてその企業で自分が働いている姿もイメージしましょう。

企業研究をしている時に抑えておきたいポイントは他社にはないその企業の特徴や自分がその企業でどんなスキルを身に付けたいのか、どんな経験を積みたいのか、将来的にはどうなりたいのか、を見つける事です。

同じ業種の企業は多くあります。やはり、その企業で働きたい本気度をアピールするには他の企業との違いを見つけ、自分がその企業で何をしたいのか、どうなりたいのか、を明確にする事です。

ここの部分をしっかり企業側に伝える事ができれば企業側にもあなたの本気度をしっかり伝える事ができますよ。

志望動機や自己PRは具体的に!

先ほども述べましたが抽象的な志望動機では企業側にはあなたの本気度は伝わりません。

志望動機や自己PRはできるだけ具体的に作成してその企業で働きたい本気度や自分の人間性をアピールしていきましょう。

この時に企業の事を織り交ぜて志望動機、自己PRを作成する事ができれば企業側にもしっかり企業研究をしてきたという事をアピールする事ができます。

そして、同時にその企業でなければダメなんだという事も伝える事ができるので、志望動機や自己PRを作成する時は企業の事を織り交ぜ、具体的に作成していきましょう。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
リクルートの就職支援
就職Shop
評価:★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード