職歴が短いと就職できない?

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

職歴が短いと就職には不利?という話を聞く事がありますが、就職する際に職歴の長さは重要になるのでしょうか。

職歴が短いと就職は不利?

職歴の長さが採用の判断材料になる事も

職歴が短いと就職には不利?という話を聞く事がありますが、就職する際に職歴の長さは重要になるのでしょうか。

採用をする企業の中には職歴や勤続年数を採用の判断材料のひとつにする所も多く、就職する際に職歴の長さは重要になるか、ならないかというと重要になると思った方がいいでしょう。

職歴があるとそれだけ多くのスキルを身に付けている事にもなりますし、就職しようとしている企業で活かす事ができるスキルがあれば就職には有利になります。

しかし、職歴が短く、身に付けているスキルもないという事になると企業側にアピールできる事もなく、採用をもらえる可能性を下げてしまう事になります。

そして、企業側は勤続年数もしっかりチェックしています。

短期間で転職を何度も繰り返している方は「忍耐力がない」「持久力がない」「あきやすい性格」など、企業側にはマイナスのイメージを与えてしまう事になります。

企業としては採用する人間には長期に渡って働き続けてもらいたいという気持ちがあるため、短い期間に転職を何度も繰り返している人にはあまり良い印象を持たないんですね。

最低でも3~4年は働いてスキルをしっかり身に付ける

では、同じ職場で何年間働き続ければ企業側に好印象を与える事ができるのでしょうか。

一般的には3~4年間、同じ企業で働く事が望ましいと言われていますね。

最低でも3~4年同じ企業で働く事でその職種のスキルもしっかり身に付ける事ができますし、社会人としての常識なども身に付ける事ができるので転職をする際にも企業側は経験者としてあなたの事を見てくれます。

そして、上記で述べた事と逆に勤続年数が長いと「忍耐力がある」「辛抱強い」「責任感がある」などのプラスの評価に繋げることができ、採用をもらえる可能性も上げる事ができるでしょう。

職歴が長ければ長いほど企業からの信用も高くなる

また、職歴が長かったり、勤続年数が長いと企業からの信用も高くなります。

何か嫌な事があったらすぐに仕事を辞めてしまう人、短い期間で転職を何度も繰り返している人と同じ企業で何年も働いている人を比べると社会からの信用も大きく変わります。

こういった事も就職できるか、できないかを大きく左右する事になってきますね。

企業からの信用が高ければ採用しても長期に渡って働き続けてくれるという信用が生まれ、採用をもらえる可能性も高くなるでしょう。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード