うまく自己PRができない

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

面接の時に重要になる自己PRをうまく伝えらないという悩みをお持ちのフリーターの方も多いと思います。面接時には緊張もしますし、頭では言いたい事が思い浮かんでいても実際にうまく伝える事ができなかったと面接が終わってから後悔する方も多いと聞きます。

うまく自己PRができないフリーターさんへ

どうすればうまく自分の事をアピールする事ができる?

面接の時に重要になる自己PRをうまく伝えらないという悩みをお持ちのフリーターの方も多いと思います。

面接時には緊張もしますし、頭では言いたい事が思い浮かんでいても実際にうまく伝える事ができなかったと面接が終わってから後悔する方も多いと聞きます。

特に口下手の方に多い傾向にあるようです。

面接では誰もが緊張します。緊張のあまりにうまく話せないという事も多々おこります。

事前に自己PRで何を言うか考えてきたとしても緊張のあまりに頭が真っ白になってしまう事もあります。

自己PRをうまく企業に伝える事ができなければ企業側にも好印象を与える事ができなくなり採用をもらえる可能性も低くなってしまいます。

就職を決めるためにも、採用をもらうためにも、どうすればうまく自分の事をアピールする事ができるのでしょうか?

応募書類作成(履歴書、志望動機、自己PR)の作成ポイント

面接時の緊張を解くには

面接官も緊張をしている事は十分にわかっているのでうまく話せなくてもマイナス評価になる事は少ないと聞きます。

自分の思っている事をスラスラ話す事ができればもちろんいいのですが、うまく話をする事ができなくても評価対象にならない事が多いので気にする事はありません。

まずは落ち着いて面接を受ける事を心掛けましょう。

はじめに面接官に緊張している事を伝えると緊張が和らぐ事もあるので、緊張している事を伝える事もおすすめできます。

他にもすべて完璧にこなすという意識を持たない事も大切です。

すべて完璧にこなさなければいけないというプレッシャーが余計に緊張を生みます。

人間完璧な人なんていません。誰しもが一つや二つ欠点を持っているものです。

そういった欠点をさらけ出す事も自己PRのひとつ、企業に自分の事を知ってもらうひとつの方法になります。

フリーター就職の面接対策

面接時にうまく話すポイント

面接時にうまく話すポイントとして、まずはじめに結論を持ってくるという事を頭に入れておきましょう。

例えば、「自分は○○な性格です。なぜかというと○○だからです。」というようにはじめに結論を持ってきた方が話しやすく、面接官にもしっかり自分が思っている事を伝える事ができます。

口下手な方でも話の組み立てを少し工夫するだけで相手にとってわかりやすく伝える事ができます。

話に詰まる事も少なくなるので頭の中が真っ白になったり、慌ててしまうという事もなくなるのでスムーズに話す事ができます。

後は模擬面接を何度も繰り返し行い、しっかり面接対策を行う事も大切になります。

友人や家族に協力してもらい模擬面接を何度も行う事で面接の流れや雰囲気も身に付き、本番でも落ち着いて面接に挑む事ができます。

ぶっつけ本番で面接に挑む方ほど面接で失敗する傾向にあるので何度も模擬面接を行い、万全な状態で面接に挑むようにしましょう。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード