面接がうまくいかない時

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

書類選考は通るが面接が通らない、面接でいつも失敗をするという方も多いのではないでしょうか。面接は採用の合否を決める最終関門です。レベルの高い履歴書・志望動機・職務経歴書を作成し、書類選考を突破できてもこの面接で面接官からの評価を得る事ができなければ面接を通過する事はできません。

しっかり対策を行なってから面接に挑む事が必須!

面接が通過できない=不採用

書類選考は通るが面接が通らない、面接でいつも失敗をするという方も多いのではないでしょうか。

面接は採用の合否を決める最終関門です。

レベルの高い履歴書・志望動機・職務経歴書を作成し、書類選考を突破できてもこの面接で面接官からの評価を得る事ができなければ面接を通過する事はできません。

面接が通過できない=不採用になってしまいます。

採用をもらうためにもしっかり面接対策を行ない面接に挑むようにしましょう。

ここでは面接がうまくいかない時に行う対策をご紹介しています。

面接で落ちる原因を見つける

まず、面接がうまくいかない場合はその原因を突き止める事がポイントになってきます。

原因を知る事ができればその原因を改善すれば次の面接に繋げることができます。

しかし、面接がうまくいかない原因がわからないという方もいると思います。

原因がわからなければ対策のしようがないので何回面接を受けてもすべて落ちてしまうでしょう。

原因がわからないと言う方は、面接の際に重要になる事を始めから勉強してみましょう。

面接の際にポイントになる事がわかればおのずと面接で落ちる原因を見つける事ができます。

面接がうまくいかない人の特徴

次に面接がうまくいかない人の特徴を見ていきましょう。

これらの事に当てはまる方は改善する事が必要になってきます。

面接官と会話ができていない

これができていないとコミュニケーション能力がないと判断されてしまいます。

社会人としてコミュニケーション能力は絶対といっていいほど必要になります。

面接時には機械みたいに質問された事だけに答えるのではなく、面接官と会話をする事を意識して面接官の質問に答えていきましょう。

論理的に話せていない

論理的に話す事ができなければ相手に伝わるものが伝わらない場合もでてきます。

面接時は緊張しているせいもあり、頭の中が整理できず何を話しているのかがわからなくなる事も多いので、しっかり話を組み立てて論理的に話す事がポイントになってきます。

「自分の性格は○○です。理由は○○だからです」というようにはじめに結論を持ってくると、話を組み立てやすく、相手にも伝わる話をできるようになります。

自分が企業に与えるメリットを伝えられていない

自己PRをする際、ただ自分のアピールポイントだけを伝えていませんか?

自己PRをする際には自分のアピールポイントをその企業でどう活かす事ができるのかも面接官に伝えるようにしましょう。

自分がこの企業に入る事で企業にどんなメリットがあるのかを伝える事ができれば面接官に好印象を与える事ができるといいます。

この時に企業が求めている人材はどんな人材なのかを把握し、その求めている人材に合った自己PRをするとより面接官の評価も高くなるでしょう。

面接で緊張しない方法

面接時の緊張をほぐす方法

面接時には誰もが緊張すると思います。

できる事なら面接は緊張しないで堂々と受けたいと思われている方も多いと思います。

しかし、自分の人生を大きく左右するかもしれない面接、緊張して当たり前です。

このように面接に緊張は付きものです。

極度の緊張の場合は、頭の中が真っ白になったり、自分でもよくわからない事を話したりしてしまう事もあり得ます。

そうならないためにも平常心で面接に挑みたい所です。

予行練習で面接の雰囲気に慣れる

まず、面接に挑む際にはしっかり対策をしとく事が大切になってきます。

どんな質問がきてもいいように答えを準備しとく、面接の予行練習を行なうなどの対策をする事は必須になります。

特に面接の予行練習をすると本番時の緊張を軽くする事ができるでしょう。

友人や家族に協力をしてもらい、本番と同じようなシチュエーションで予行練習を行う事で場馴れする事ができます。

面接前にはできるだけこういった予行練習の数をこなし、面接の雰囲気に慣れておくといいでしょう。

予行練習の数をこなす事で自信もつき、本番ではしっかり本来の自分をアピールする事ができるでしょう。

率直な気持ちで答える

面接時には常に平常心を保つ事を意識しましょう。

話すときもゆっくりと落ち着いて話す事で緊張を抑える事ができます。

質問された事も率直な気持ちで答えるといいでしょう。

用意してきた答えがすぐに出てくる時はいいですが、出てこない場合もあります。

用意してきた答えを思い出そうと焦ってしまい、余計に頭の中が真っ白になる事もあるので、用意してきた答えを思いだせない時は無理に思い出そうとせずにその時に思った率直な気持ちで答える事をおすすめします。

完璧の求めすぎがプレッシャーになる

他にも完璧を求めすぎないという事も面接で緊張をしないポイントになります。

面接は採用を決める大切なものになるので誰もが完璧を求めようとします。

質問された答えにも完璧を求める、振る舞いや話し方にも完璧を求める、など完璧を目指しすぎるとプレッシャーになってしまい、かえって緊張を生み出す事になってしまいます。

緊張をする事で本来の自分をアピールする事ができない可能性もありますので、初めから完璧を求めすぎない事も面接時の緊張をほぐす際にはポイントになってきます。

面接に軽い気持ちで挑めとは言いませんが、完璧を求め過ぎる事も良くないという事を把握しときましょう。

面接で言葉に詰まった時の対処法

面接で緊張する事は当たり前

面接では誰もが緊張をします。

普段、慣れていない面接で緊張する事は当たり前です。

緊張のあまり自分の伝えたい事がうまく言えない、しっかり対策をしてきたのに頭の中が真っ白、という事は頻繁に起こってしまいます。

また、面接官から予想していなかった質問がきた場合もパニックになってしまい、言葉が出てこないという事もあります。

深呼吸をしてまずは落ち着く

面接時にパニックになってしまっても焦らないという事が大切になってきます。

焦ってしまうと「早くどうにかしないと!」という心理が働いてしまい、余計に焦ってしまう可能性があります。

面接時は特にです。緊張をしているせいもあり、1回でも頭の中がパニックになってしまうとその後もパニックになり続ける可能性があるので、焦らないという事を意識しましょう。

予想外の質問や言葉が見つからない時は、深呼吸をしてまずは落ち着きましょう。

面接官も緊張しているという事は十分に承知しているので、少しくらい間ができてもマイナス評価に繋がる事はありません。

むしろ落ち着いて受け答えをしているという評価をもらえる事もあります。

無理にカッコいいことを答えようとしない

自分でもなにを言っているのかがわからなく、相手にも自分が伝えようとしている事をうまく伝える事ができないという事も面接時には良くある事だと言います。

自分の気持ちを相手にしっかり伝える事ができない場合、話し方に問題がある可能性があります。

質問に答える際にはまず、結論を始めに持ってくることをおすすめします。

そして、次にその理由を持ってくると話を組み立てやすいですし、相手にもしっかり伝える事ができます。

理由を答える時にもし言葉に詰まった場合にも焦らず、なぜそう思ったのかを素直に答えるようにしましょう。

この時に無理にカッコいいことを答えようとすればするほど言葉に詰まってしまう事がありますので、その時に率直に思った事を述べるようにしましょう。

面接官に「緊張しています」と伝える

上記でご紹介してきたように面接時に言葉が出てこない時は、

・焦らない、深呼吸をして落ち着く
・無理にカッコいい事を言わない、率直に感じたことを言う

上記の2点がポイントになってきます。

冒頭でも述べましたが、面接に緊張は付きものです。

面接官も緊張している事はわかっているので、焦らず落ち着いて質問に答えるようしましょう。

はじめに面接官に「緊張しています」と伝えるといいでしょう。

こで雰囲気が和む場合もありますし、自分の緊張を少し和らげる事ができる場合もあります。

圧迫面接を乗り越える方法

圧迫面接とは?

就活の圧迫面接をご存知でしょうか。

圧迫面接とは、面接官がわざと志望者に意地悪な質問や難しい質問を投げかける面接になります。

圧迫面接を行なう意図は志望者のストレス耐性を見極めるためだと言われています。

就職を成功させるには圧迫面接の対策もしっかり行わなければいけません。

圧迫面接なのかは実際に面接を受けてみないとわかりませんが、もしものためを想定してしっかり圧迫面接の対策を行なう事をおすすめします。

圧迫面接の対策を行なわなければ面接官に意地悪な質問をされた時や揚げ足を取られた時に対応する事ができなく、評価を下げてしまう事になります。

面接官はどう圧迫してくるの?

まずは面接官がどのような感じで圧迫をかけてくるのかを把握しましょう。

主な圧迫方法には以下があります。

・志望者の考えを否定し続ける
・なぜ?という追及を続ける
・面接中に他の作業を行う
・ひたすら意地悪な質問ばかりをしてくる
・だらしない態度で面接を行う

上記の項目が挙げられます。

面接時にこれらの事があった場合、圧迫面接だと思った方がいいでしょう。

焦らない、動揺しない、気にしない

圧迫面接だと感じたらまず焦らない事が重要になってきます。

圧迫面接で失敗する方の多くが、意地悪な質問や自分の答えを否定されてしまうとすぐに焦ってしまう方です。

面接時に焦ってしまうと頭の中がパニックになり真っ白になってしまう事も多いので、圧迫面接を乗り越えるためにも焦らない事がポイントになってきます。

焦らないためにも先ほどご紹介した圧迫方法をしっかり把握するようにしましょう。

圧迫方法をしっかり把握する事ができればすぐに圧迫面接だという事を理解する事ができます。

面接官は志望者の答えに問題があって否定したり、意地悪な質問をしてくるのではなく、否定をする事、意地悪な質問をする面接が圧迫面接になるのです。

そして、圧迫面接だろうが気にしない、動揺しない、という意識を持ちましょう。

圧迫面接だとしても『あっ、圧迫面接だ』と思うくらいにして平常心を持って質問に答えていくようにしましょう。

圧迫面接時には落ち着いて受け答えをするだけで面接官の評価は上がると言われています。

ですので、圧迫面接時には焦らない、動揺しない、気にしない、という事を強く意識しましょう。

追及されても答えられるように複数の答えを用意する

そして、もう一つ圧迫面接を乗り越えるための対策で大切になる事は質問の答えを複数用意しとくという事です。

これはなぜ?という追及に対応するためです。

圧迫面接でなぜ?なぜ?と追及を続ける面接官は多くいます。

質問の答えを複数用意する事でこの追求を乗り越える事ができます。

追及される事をしっかり想定して質問の答えを複数用意しときましょう。

自分でも圧迫面接をイメージし、なぜそう考えたのか?そして、その答えに対してもなぜそう思ったのか?を考え、追及されても答えられるように対策をしときましょう。

苦手なタイプの面接官だったら

『この人苦手だなぁ~』と変に意識しない事

この人とは話しやすい、この人とは話しにくい、というように人にはタイプによって合う、合わないがあります。

面接でも同じような事があると言います。

面接官によっては話しやすく、自分の事をしっかりアピールする事ができる時と逆に自分が苦手とするタイプの面接官だと自分をうまくアピールする事ができない時があると言います。

自分に合ったタイプの面接官だといいですが、もし自分が苦手なタイプの面接官だった場合、どのように対処をすればいいのでしょうか?

まず大切になる事は苦手なタイプの面接官でも『この人苦手だなぁ~』と変に意識しない事です。

変に意識をしてしまうと余計に自分をしっかりアピールできなくなってしまいます。

面接時に焦る事もそうですが、動揺をしたりする事で自分の思うような面接ができないという事は多々あります。

苦手な面接官がきて動揺しないためにも、はじめから平常心をもって面接に挑むようにしましょう。

日頃からコミュニケーション能力を磨いておく

また、日頃からコミュニケーション能力を磨いておくと、苦手なタイプの面接官が来てもうまく対処する事ができる場合もあります。

自分の周りにも苦手なタイプの人間がいると思います。

面接対策としてこういった苦手なタイプの人と積極的に会話する事もいいでしょう。

こういう時にはこういう反応をして、こういう返事をしてくるんだなと自分の中で免疫を作れる事もできますし、なんといっても慣れる事ができます。

苦手なタイプに慣れる事で面接時に苦手な面接官がきても動揺しないで面接を受ける事ができます。

苦手なタイプの方と話すのは苦になるかもしれませんが就職を成功させるためだと思い積極的に話をする事おすすめします。

もしかするとその苦手なタイプの人と話す事を克服できる可能性もあります。

社会に出た時は、多くの方と出会い、様々なタイプの人間と一緒に仕事をする事になるので日頃からコミュニケーション能力を磨いてどんなタイプの人間とでもうまく会話をできるようにするといいでしょう。

1次面接を突破できないという方へ

短い時間で自分をアピールできるかがポイント

企業によっては面接が1回で終わる企業もありますし、1次面接・2次面接と複数回面接がある企業もあります。

企業の規模が大きくなれば面接は1次面接・2次面接がある事が多いです。

現在、正社員を目指して就活を行なっているフリーターの方の中には1次面接を突破できなくて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

まず、1次面接、2次面接と分かれている場合は1次面接で与えらる時間は短いと思います。

多くが15分程度になるのではないでしょうか。集団面接の場合はもっと短くなると思います。

1次面接ではこの短い時間でいかに自分をアピールして面接官に好印象を与える事ができるかがポイントになってきます。

面接官も1次面接で見ている事は第一印象でどう感じたか、自分をアピールできているかを見ているといいます。

自分をアピールし、面接官に好印象を持ってもらう際に気を付ける事を以下にまとめてみました。

面接官に与える第一印象は重要

礼儀・身だしなみ・表情・立ち振る舞い方で面接官に与える第一印象は決まります。

1次面接を突破できない方はここがうまくいっていない可能性も考えられます。

挨拶はしっかりできているか、身だしなみに乱れはないか、表情は明るいか、などをもう一度再確認してみましょう。

ここでどれか一つでもできていなければ面接官に与える第一印象は悪くなってしまいます。

1次面接で一度でも面接官に悪い印象を与えてしまうとその悪い印象を挽回できる時間はありません。

このように面接での第一印象は非常に重要なものになります。

面接官の中には第一印象次第で合格か不合格を決めてしまう方もいるといいます。

ですので、面接に挑む際には面接にふさわしい礼儀・身だしなみ・表情・立ち振る舞い方をしっかり身に付けてから面接に挑むようにしましょう。

自分の言葉で志望動機や自己PRを伝える

履歴書や職務経歴書を丸暗記して面接時でもそのまま伝えていませんか。

履歴書や職務経歴書の内容をそのまま面接官に伝えても悪い印象にはなりませんが、良い印象にもなりません。

面接時に履歴書や職務経歴書に書かれている内容をそのまま伝える方も多くいると言います。

履歴書や職務経歴書とはまた違った自分の言葉で志望動機や自己PRを伝える事ができれば面接官には好印象を与える事ができます。

自分の言葉で伝える事ができれば他の志望者と差を付ける事ができる可能性もあるので面接に挑む際には履歴書や職務経歴書とは違った言い方をできるように準備しとく事も重要になります。

自分が伝えたい事を簡潔に伝える

相手に自分が伝えたい事を簡潔に伝える事ができるように話す事も大切です。

先ほども述べましたが1次面接で与えられる時間は短いものになります。

長々と話していてはただ時間だけが過ぎてしまい、自分をしっかりアピールする事ができなくなってしまいます。

1次面接では、いかに短く自分をアピールできるかが大切になります。

簡潔に自分の事をアピールする事ができれば面接官の評価は大きく上がると言われています。

理由としては、社会人としての話し方を身に付けているという事を証明できるからです。

社会人になった時、簡潔に用件を伝えなければいけない時が多くあります。

会社の上司やお客様に対しても簡潔に物事を伝える事が求められる事が多くあり、この段階でその話し方を身に付けていれば面接官の評価を上げる事ができます。

面接に挑む際には簡潔に自分の事をアピールできるようにしっかり準備しときましょう。

面接でよくある失敗例

面接の失敗例を知る事も面接対策のひとつ

就職を成功させるためには面接での失敗は許されません。

面接の失敗例を知る事も面接対策のひとつになります。

面接でよくある失敗を事前に把握する事ができれば対策をする事ができるので現在、面接を控えている方は面接でよくある失敗例をしっかり把握してから面接に挑むようにしましょう。

面接に遅刻する

面接の当日、遅刻をしてしまう方も稀にいるようです。

面接に遅刻する事は絶対にやってはいけない事です。

遅刻をしてしまう理由は、

・寝坊
・面接会場を確認していない
・予想外のアクシデント

などが挙げられます。

面接前日、緊張のあまりに寝る事ができず寝坊してしまう方もいると聞きます。

また、面接会場の確認を怠ったために当日面接会場を見つけるのに時間がかかってしまい遅刻をする方もいます。

面接を控えている方はどこで面接が行われるのかをしっかり確認しましょう。

どういう交通機関を利用して行くのか、家から何分かかるのか、をしっかり確認する事は必須になります。

他にも交通機関のトラブルなどが起こる可能性もあります。

こういった予想外のトラブルにもしっかり対処できるように別ルートなども確認するといいでしょう。

最悪タクシーを使う事も視野にいれてお金は多めに持っていた方がいいでしょう。

また、時間に余裕をもって行動する事でこういったトラブルを回避する事ができる事もあります。

早めに家を出て面接会場を確認し、時間が余っている場合は近くの喫茶店などで面接の最終確認をする時間に当てましょう。

先ほども述べましたが面接で遅刻は禁物です。

前日までにしっかり対策をして時間に余裕をもって面接会場に行くようにしましょう。

緊張のあまり頭が真っ白になってしまう

緊張のあまり頭が真っ白になってしまう、頭の中がパニックになってしまう、という事は面接時によくある事だといいます。

頭が真っ白になってしまう事で準備していた答えが出てこなかったり、自分でも何を話しているのかがわからなくなってしまい面接官に伝えたい事がうまく伝えられなくなってしまいます。

面接には緊張は付きものですが、事前に何度も模擬面接を繰り返し行うと本番での緊張も和らげることができます。

友人や家族に協力してもらい本番と同じようなシチュエーションで模擬面接を行ないましょう。

面接中に悪い癖がでてしまう

面接中についついいつもの癖がでてしまう事もよくあると言います。

話し方や動作などの癖がある方は面接時には注意しましょう。

「○○です~」「○○なんですよね~」といった語尾をのばす話し方を日頃からしている人は面接時に出てしまう事がありますのでしっかり緊張感をもって話をしましょう。

話し方以外にも髪を触る癖や指を動かす癖、貧乏ゆすり、話している時に目線をそらす、といった癖も面接官には悪い印象を与えてしまいますので注意して面接に挑みましょう。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
リクルートの就職支援
就職Shop
評価:★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード