グループ面接でのポイント

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

企業よっては面接がグループ面接の場合があります。グループ面接とは応募者5~6人が一緒に面接を行う面接になり、求人に応募した企業が大手企業である場合、1次面接のほとんどがグループ面接になります。

グループ面接を受ける時に気を付けたい事

グループ面接は短い時間で自分をアピールする事が大切

企業によっては面接がグループ面接の場合があります。

グループ面接とは応募者5~6人が一緒に面接を行う面接になり、求人に応募した企業が大手企業である場合、1次面接のほとんどがグループ面接になります。

集団面接と呼ばれる事もあります。

グループ面接では通常の面接とは違い個々に与えられる時間は非常に短いものになります。

ですので、短い時間でもしっかり自分をアピールする事がポイントになってきます。

グループ面接で自分をしっかりアピールするには面接官が何を見ているのかを把握する事がポイントになってきます。

面接によっては一人に与えられる時間は5分程度と短いこともあるようでその5分間で面接官が何を見ているのかを把握する事ができれば短い時間でも面接官に自分をアピールする事ができるでしょう。

グループ面接で面接官はココを見ている!

短い時間で自分の事をしっかりアピールするにはいかに短い言葉で自分の事を表現し、相手にも自分がどんな人間なのかをしっかり伝えなければいけません。

実はグループ面接の際、面接官はココを見ているのです。

与えられた短い時間で自分をどう表現するのか?自分がどんな人間なのか?短い時間でも相手にしっか伝える事ができるのか?という事を面接官は見ているといいます。

社会に出た時、用件を簡潔に伝えないといけない事は多々あります。

ダラダラと長く伝えてしまう事は社会人らしくない話し方だと判断されてしまうと言います。

ですので、グループ面接に挑む際には自分が伝えたい事をピックアップしムダのない話になるようにしっかり対策をする事が大切になります。

例えば「自分は○○な性格です。理由は○○だからです」と言うように、はじめに結論を持ってきて次にその理由を伝えると話をうまくまとめる事もできますし、相手にもわかりやすく話す事ができます。

グループ面接での第一印象は非常に重要

グループ面接を受ける際には面接官に与える第一印象は非常に重要になります。

上記でも述べましたがグループ面接で一人に与えられる時間は短いです。

面接官に与える第一印象が悪かった場合、その印象を挽回する時間はありません。

面接官もグループ面接の際には第一印象を大事にしているといいます。

第一印象が悪ければ面接を通過する事は難しいといっていいでしょう。

面接官に良い印象を与えるためにも面接にふさわしい髪形や身だしなみ、立ち振る舞い方、言葉遣い、などをしっかり理解してから面接に挑むようにしましょう。

上記でご紹介してきた2つの事がグループ面接でのポイントになります。

しっかり対策をする事が大切になってくるので、現在面接を控えている方はしっかり面接対策を行なって面接に挑むようにしましょう。

グループディスカッションでの注意点

面接官が見ているものは『コミュニケーション能力』と『思考力』

近年、採用選考にグループディスカッションを取り入れている企業も増えてきています。

グループディスカッションとは応募者が5~7人のグループを作り、ひとつのテーマについて議論する事です。

面接官が応募者達の議論している様子を見て、採用の判断材料にしています。

ここで面接官が見ているものは『コミュニケーション能力』と『思考力』になるといいます。

初対面の人とどのようなコミュニケーションを取るのか?どのような考えを持って議論しているのか?などを見て、どのようなタイプの人間なのか、どのような性格なのかを見極めていると聞きます。

必要以上に話す

グループディスカッションに挑む際、面接官に自分の事をアピールする事は大切になりますが、必要以上に話す事はおすすめできません。

たくさん話したからと言ってそれがコミュニケーション能力があると判断されるのかと言うとそうではなく、自分では気付かない所でまとまりかけている話を壊してしまっている場合や他の人が話しているのに割り込んで話している場合もあります。

無理に頑張りすぎるのは余計にマイナスになってしまう事が多いので、必要な時だけ話すようにしましょう。

かといって、全く話さないのもよくありません。

グループディスカッションでは積極性もプラス評価になるので必要な時にだけ積極的に話に参加して自分をアピールする事をおすすめします。

他人の意見を否定しすぎない

他にもグループディスカッションで気を付けたい事は他人の意見を否定しすぎる事です。

自分の主張を持ちすぎてしまうと他人の意見をすべて否定してしまう傾向にあります。

ただ否定するだけなら誰にでもできます。

相手の話をよく聞き、どういう意図で話しているのかをしっかり読み取りましょう。

もし、否定をする時でも『なぜ違うと思ったのか』という事と『自分はどう思うのか』という事を相手に伝えるようにしましょう。

そこでまた新たな議論がはじまり、新しい発見をする可能性もあります。

臨機応変の対応が必要

グループディスカッションでは臨機応変の対応が必要になってきます。

グループディスカッションでは当日にならなければお題もわかりませんし、グループディスカッションを行なうメンバーもわかりません。

あまり知識がないお題になるかもしれません、そして自分の苦手な人と一緒のグループになる可能性もあります。

どういう状況であれ、グループディスカッションでは自分の事をしっかりアピールする事ができなければいけません。

どんな状況になっても対応できるようにしっかり対策をする事も重要になってきます。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード