面接で良く聞かれる質問

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

面接は採用・不採用を大きく左右するものになります。採用をもらうためにも面接を控えている方はしっかり面接対策をする事は必須になってきます。ここでは面接時に良く聞かれる質問をご紹介しています。現在、面接を控えている方や面接対策を行なっている方に参考にして頂きたいと思います。

面接の定番質問

質問にしっかり答えられるように対策をする事は必須

面接は採用・不採用を大きく左右するものになります。

採用をもらうためにも面接を控えている方はしっかり面接対策をする事は必須になってきます。

フリーター就職の面接対策

ここでは面接時に良く聞かれる質問をご紹介しています。

現在、面接を控えている方や面接対策を行なっている方に参考にして頂きたいと思います。

自己紹介

面接ではまず初めに自己紹介を求められる事が多いと聞きます。

ここでポイントになる事は自分の人間性やこれまでの経歴、身に付けいているスキル、などを簡潔にまとめ面接官にしっかり自分がどういう人間なのかを伝える事です。

時間的には2~3分程度で話をまとめらるようにする事をおすすめします。

悪までも自己紹介になるので、より詳しい自分のアピールポイントなどは自己PRや長所・短所の質問がきた際に答えるようにしましょう。

志望動機

この質問は面接時にほぼ100%聞かれる質問になるでしょう。

数多くある企業の中からその企業を選んだ理由。

抽象的な志望動機では採用をもらえる事は難しいといっていいでしょう。

より具体的な志望動機を考え、その企業に応募した理由を明確にしましょう。

面接官に明確な志望動機を伝える事ができれば好印象を上げる事ができ、採用をもらえる可能性を高くする事ができます。

志望動機を明確にするためにも企業の分析をしっかり行い、企業のどのような所に興味を持ったのか、その企業で自分がしたい事はなにか、自分のスキルが活かせるものはなにか、などを具体的に面接官に伝えるようにしましょう。

応募書類作成(履歴書、志望動機、自己PR)の作成ポイント

自己PR

この質問も面接では良く聞かれる質問になります。

自己PRでは自分がアピールできる事は積極的にアピールする事をおすすめします。

ここでポイントになる事は、自分のアピールポイントを一方的に言うのではなく、自分のアピールポイントと企業を結びつける事です。

例えば、自分が身に付けているスキルをどう企業で活かす事ができるのか、その企業で自分にできる事はなにか、など企業で活かす事ができる自己PRを作成すると面接官への印象も良くなるでしょう。

応募書類(履歴書、志望動機、自己PR、職務経歴書)の作成が不安

長所・短所

この質問で面接官は自分の事を客観的に見る事ができているのかを見極めていると言います。

自分が得意とする事、苦手な事、良いところ、悪いところ、をしっかり把握しているかがポイントになります。

面接ですので自分の短所を伝える事がマイナスになると思われている方も多いと思いますが、長所・短所を聞かれた時は正直に短所を答えるようにしましょう。

先ほども述べましたがこの質問は自分の事を客観的に見れているか、見れていないか、を見極める質問になるので、自分の悪いところ、苦手な事を答える事で自分の事をしっかり把握しているという評価になるので決してマイナス評価にはなりません。

かといって、自分の短所を言い過ぎるとネガティブな性格だと思われてしまい、面接官にあまり良い印象を与える事ができないので短所と長所をうまくつなげて答えるようにしましょう。

他に良く聞かれる質問

上記でご紹介してきた質問は面接時に絶対と言っていいほど聞かれる質問になるので、しっかり自分の答えを考えておくようにしましょう。

他にも面接時に良く聞かれる質問は以下の質問があります。

・仕事のやりがい・喜びは何ですか?
・まわりの方のあなたへの評価は?
・仕事での誇れる実績や成功体験は?
・仕事で大きな失敗やミスをしたことは?
・他に受けている業界・企業はありますか?
・企業の事業内容
・この業界の今後をどうお考えですか?
・当社でやりたいこと・挑戦したいことは?
・身に付けたいスキルは何かありますか?
・将来の夢は何ですか?

などの質問の答えもしっかり準備するといいでしょう。

もし、事前に準備していない質問がきた場合も無理に良い答えを探そうとせずにその時の素直な気持ちで答えるようにしましょう。

面接で想定外の質問をされたらどうすればいい?

面接時に予想外の質問をされる事も多い

面接に挑む際、多くの方が面接対策をしっかり行ってから面接に挑むと思います。

しかし、いくら面接対策をしてどんな質問がきてもいいように準備をしていても本番では予想外の質問をされる事も多いです。

この時に頭の中がパニックになってしまわないように対処法をしっかり身に付けておいた方がいいでしょう。

面接時に一度でもパニックになってしまうとその後に影響がでる可能性も十分に考えられます。

想定外の質問がきた時の対処法を身に付ける事も面接対策のひとつになります。

率直に感じたことを素直に答える

まず、想定外の質問がきた時は慌てない事が大事です。

少し間を置いて、その質問の答えを考えましょう。

この時にすぐに答えが出てくる場合はいいですが、答えが出てこない時は無理に良い答えを探そうとせず素直な気持ちで答えるようにしましょう。

質問に対して率直に感じたことを答えるようにしましょう。

素直に答える事であなたの人間性を伝える事ができる可能性もあります。

多少、言葉に詰まってしまっても自分の考えを面接官にしっかり伝える事ができれば好印象を与える事ができます。

もし、どうしても答えが出てこない場合は素直に「申し訳ございません。その質問の事を今までに考えたことがないのでよくわかりません」と素直に答え、「率直に○○のように思いますが、改めて考え直すとまた違った考えになると思います」など回答に幅を持たせる対処方法もあります。

日頃から色々な事に疑問を持つ

また、日頃から色々な事に疑問を持ち、その答えを探す事をしていると想定外の質問がきた時に対処できると言います。

疑問を持ったことに対して、自分はどう思うのか?そして、それを相手にどう伝えるのか?を何度か繰り返して見るといいでしょう。

簡単のように見えて意外と難しいです。

こういった事を日頃から実践していると脳が慣れているので想定外の質問にも対応できるようになると言います。

現在、面接を控えている方は面接時に想定外の質問がきてもしっかり対応できるようにしっかりと面接対策を行なってから面接に挑むようにしましょう。

面接では何を質問すればいいの?

面接の質問をうまく利用する

面接が行われる際、最後に志望者が面接官に質問をする時間が設けられます。

この時、どんな質問をすればいいのか悩む方も多いといいます。

企業にとって失礼な質問をしてはいけないと思い、本当は質問したいが遠慮をするという人もいるようです。

この最後に行われる企業への質問ですが、質問の内容次第では採用担当者に好印象を与える事ができる可能性もあります。

以外とここでどんな質問をしてくるか注目をしている面接官も多いと言います。

ここで質問ができる人は、率先して仕事を学ぼうとする、積極的に仕事を覚える姿勢があるので成長にも期待できる、という評価に結び付ける事ができるといいます。

このように質問をする事で企業に対して自分のやる気、仕事への意欲をアピールする事ができますのでできる限り質問をして自分の仕事へのやる気、意欲をアピールするようにしましょう。

どんな質問をすればいいの?

しかし、質問をする際、NGな質問もあります。

このNGな質問をしてしまうと逆に面接官に悪い印象を与えてしまい評価を下げてしまう事になるのでどんな質問をすると好印象を与えられるのか、悪い印象を与えられるのかをしっかり把握してから面接に挑むようにしましょう。

好印象を与える事ができる質問

・この先どのような事を学んでいけば良いでしょうか?
・御社で働くにあたって役に立つ資格などはありますか?

上記の質問のように企業で働く事をイメージして質問をする事で、仕事への意欲を伝える事ができ面接官にも好印象を与える事ができます。

質問をする時にNGになる質問

質問時にはなんでも質問をしていい訳ではない

面接の最後に設けられる質問をする時間。

面接官から「なにか質問はありますか?」と聞かれたからと言ってどんな事を質問をしていいのかというとそうではありません。

質問をする事で面接官に好印象を与える事ができますが、質問の内容次第では企業に対して失礼になる質問、面接官に悪い印象を与えてしまう質問もありますので、質問時にはなんでも質問をしていい訳ではありません。

ここでは質問をする時にNGになる質問をご紹介しています。

現在、面接を控えている方に参考にして頂きたいと思います。

自分で確認できる事は質問しない

自分で調べられる事や確認できる事は質問をしてはいけません。

・御社の事業内容は何ですか?
・どのような商品を取り扱っていますか?
・従業員は何名ですか?
・売上高はを教えてください
・御社の特徴を教えてください

このようにホームページ等から収集できる内容の質問は面接官に悪い印象を与えてしまいます。

求人に応募する際には企業のある程度の情報は収集しているはずです。

こういった質問をしてしまうと面接官も企業の情報を調べていないとう判断をしてしまい、評価を大きく下げてしまいます。

ネガティブな質問をしない

応募した企業で働く自信がないと疑われるような質問も面接官に悪い印象を与えてしまいます。

・未経験からでも大丈夫ですか?
・勉強をする環境はありますか?
・どんな研修をうけられますか?
・入社してからでもスキルを身に付けられますか?
・ノルマなどはありますか?

このように会社の環境が整っていなければ自分は何もできないという事を疑われてしまうような質問はNGです。

あまりネガティブになりすぎている質問はマイナス評価に繋がりますので、上記でご紹介した質問とは逆に前向きな質問をするようにしましょう。

例えば、「入社するまでにどんな事を勉強すればいいですか?」「御社で働く際に役に立つ資格はありますか?」などの質問をする事で仕事への意欲、やる気を面接官に伝える事ができるでしょう。

仕事以外の質問をする事もNG

仕事以外の質問をする事もNGな質問になります。

特に待遇面に関しての質問は避けるようにしましょう。

・給料はいくらですか?昇給はありますか?
・残業はどのくらいですか?
・休暇はしっかり取れますか?
・福利厚生は整っていますか?
・転勤はありますか?

就職を決める際にこのような待遇面の事も大事になってきますが、面接官にはあまり良い印象を与える事ができない質問になるので待遇面の質問をする際には必要最低限に抑えて質問をするようにしましょう。

関連ページ

フリーター就職の面接対策

面接次第で内定をもらえるか、もらえないかが決まります。面接で内定をもらうにはしっかり面接対策をする事が必須。
面接のポイントになる事をしっかり把握してから面接に挑みましょう。

面接官はなにを見ている?

面接に挑む際、面接官は何を見ているのか?どんなところを見ているのか?疑問に思った方も多くいるのではないでしょうか。面接官が何を見ているのか?をしっかり把握する事ができれば採用をもらえる可能性も大きく広げる事ができます。

グループ面接でのポイント

グループ面接では通常の面接とは違い、個々に与えられる時間は非常に短いです。ですので、短い時間でもしっかり自分をアピールする事がポイントになってきます。ここではグループ面接でのポイントをご紹介しています。

面接がうまくいかない時

面接は採用の合否を決める最終関門です。レベルの高い履歴書・志望動機・職務経歴書を作成し、書類選考を突破できてもこの面接で面接官からの評価を得る事ができなければ面接を通過する事はできません。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード