フリーター就職の面接対策

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

面接で面接官に好印象を与える事ができれば採用をもらえる可能性も高くする事ができます。話し方ひとつでも面接官に好印象を与える事ができます。ここでは面接で好印象を与える話し方をご紹介しています。

内定に繋がる面接対策をするには

面接対策のポイント

面接次第で内定をもらえるか、もらえないかが決まります。

面接で内定をもらうにはしっかり面接対策をする事が必須になります。

現在、フリーターから正社員を目指して就活を行なっている方の中には面接を控えているという方も多くいると思います。

ここでは内定に繋がる面接対策をするには際のポイントをご紹介しています。

現在、就活を行なっている方で面接を控えている方に参考にして頂きたいと思います。

説得力のある志望動機考える

内定をもらう際に最も重要になる事は志望動機です。

履歴書や職務経歴書を作成した時に、すでに志望動機は完成していると思います。

面接時にも志望動機を聞かれる事は多いです。

履歴書に書いた志望動機をそのまま述べるのではなく、その志望動機を考えた裏付けや志望動機には書いていない部分も自分の言葉で言えるように考えておきましょう。

そうする事でより説得力のある志望動機を面接官に伝える事ができ、面接官の評価もアップする可能性があります。

企業の情報をしっかり収集する

企業の情報をしっかり収集する事も重要になります。

企業の情報を詳しく収集する事ができれば、その企業の魅力を知る事もでき、また自分がその企業で働きたい理由を明確にする事ができます。

もちろん面接でも企業の事を知っているか?というような質問もくるので、徹底的にその企業の情報を収集するようにしましょう。

面接を控えている方は応募した企業のホームページやソーシャルメディア等で企業についてしっかり調べましょう。

いつ創業されたのか?社長の名前は?従業員数は?などの事を面接時に質問される事もあるので頭に入れておくといいでしょう。

企業でしたい事をアピールする

自分の事をしっかりアピールできるように対策をする事も内定をもらう際には大切になります。

その企業で自分にできる事はなにか?どんなスキルを企業で活かしたいのか?その企業でどのようにスキルアップしたいのか?などの事を明確にし、面接時に面接官にしっかり伝えるようにしましょう。

このように自己PRをする際には自分だけの事を伝えるのではなく、企業の事も織り交ぜて伝える事で面接官には好印象を与える事ができ、その企業で働きたいという意志も伝える事ができます。

企業の情報を調べた時に、自分が企業で働いている事を想像してみるとその企業で自分にできる事、自分がしたい事が見えてきますので自己PRも考えやすいと思います。

現在、面接を控えている方は上記でご紹介してきた事を参考にして頂き面接に挑んでもらいたいと思います。

採用をもらう際には第一印象は非常に重要

第一印象が相手に与える影響は大きい

企業の採用担当者や面接官のお話では面接時、第一印象が重要になると言います。

第一印象が相手に与える影響は大きく、第一印象をみて不採用を決める採用担当者や面接官も多いと聞きます。

このように採用をもらう際には第一印象は非常に重要になってきます。

面接官とのファーストコンタクトは挨拶

第一印象をアップさせる際に最も重要になる事が挨拶と身だしなみです。

『礼に始まり礼に終わる』と言う言葉がりますが、面接時にはまさに適している言葉になります。

面接官とのファーストコンタクトは挨拶になります。

この時に元気がない挨拶、礼儀作法を知らない挨拶だとマイナスポイントになってしまいます。

ファーストコンタクトから悪い印象を与えてしまうと面接官にはその印象が残ってしまう場合もあると言います。

そうならないためにも面接に挑む際には正しい礼儀作法をしっかり身に付ける事が重要になってきます。

相手に好印象を与える事ができる挨拶を身に付けて面接官にも好印象を持ってもらいましょう。

清潔感のある身だしなみは面接を受ける際には必須

礼儀だけではなく身だしなみも第一印象をアップさせる際には重要になってきます。

清潔感のある身だしなみは面接を受ける際には必須になります。

髪形、メイク、服装、が乱れていないか、汚れていないか面接を受ける際にはしっかり確認するようにしましょう。

面接官がまず初めに見るところは身だしなみになります。

この時に寝癖だったり、スーツがシワだらけ、メイクが派手、だと面接官に与える第一印象は最悪なものになってしまいます。

面接を受ける際には面接にふさわしい身だしなみで面接を受けるようにしましょう。

笑顔は人に好印象を与える

そして、表情も重要です。

面接に挑む前、しっかり笑顔を作れているか鏡の前で確認してみましょう。

笑顔は人に好印象を与える事ができるものになるので面接時はできるだけ笑顔を作る事を心がけましょう。

笑顔になる事で緊張がほぐれる場合もあります。面接会場の雰囲気も和む場合もあるので積極的に笑顔を作る事は面接官に好印象を与える事ができます。

上記でご紹介してきた事が面接時に第一印象をアップさせる際に大切になる事です。

冒頭でも述べましたが第一印象はとても重要なものになります。

第一印象が悪いとそのイメージがずっと残ってしまう可能性もあるので、面接を受ける際には礼儀、身だしなみ、笑顔に気をつけて面接に挑むようにしましょう。

話し方で面接官に好印象を与える事ができる

面接官に好印象を与える話し方をしっかり身に付けてから面接に挑む

面接で面接官に好印象を与える事ができれば採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

話し方ひとつでも面接官に好印象を与える事ができます。

話し方で人に与える印象は大きく変わるので面接官に好印象を与える話し方をしっかり身に付けてから面接に挑んでもらいたいと思います。

元気に大きな声で!

まず、当たり前ですが面接の際には元気な大きな声を出す事は大切になります。

面接の際には緊張のせいもあっていつもより声のトーンは下がってしまうと言われています。

また、自信がない時も声のトーンは下がってしまいます。

自分ではいつも通り話しているつもりでも聞く人からみるとボソボソ聞こえたり、声が小さくて聞き取りずらいという事もあります。

ですので、いつもより大きな声で話すという事を意識して面接に挑む事は重要になってきます。

大きな声で話す事ができれば面接官には元気がある子だという印象を与える事ができ、好印象を与える事ができます。

面接官に理解されやすい話し方をする

話の内容次第でも面接官に与える印象は変わってきます。

面接時はどうしても頭の中がパニックになってしまうものです。

面接対策をしてどんな質問がきてもいいように準備をしていると思いますが、予想外の質問がきた時は頭の中が真っ白になってしまうという事もあります。

頭の中がパニックの状態で話すと話の要点がまとまらず、結局なにがいいたいのか伝わらないケースも良くあるといいます。

そういう事を防ぐためにも、質問がきたら即答するのではなく、すこし間をおいて考えてから話といいでしょう。

長い時間考えるのはよくないですが、少しくらいの間なら問題ないと聞きます。

また、話の冒頭に結論を持ってくると聞き手には話が伝わりやすいと言います。

はじめに結論を話して次にその理由を話す。

こういった話し方をすると面接官にとっては聞きやすく、理解されやすいです。

落ち着いて話す事を意識する

面接時に緊張のあまり早口になってしまう方も多いと聞きます。

早口は聞き手にとっては聞きづらく何を話しているのか理解してもらえない事が多くあります。

面接官にも緊張しているという事が伝わってしまいます。

自分では早口ではないと思っていても聞き手からすると早口に聞こえる場合もあります。

面接を控えている方は面接に挑む前に家族や友人に自分の話すスピードは速いか、遅いか確認してみましょう。

面接時に落ち着いてゆっくり話す事ができれば面接官にも好印象を与える事ができるので早口にならないように落ち着いて話す事を意識する事も大切です。

自分の魅力を面接官に伝える事は必須

自分の魅力をアピールして面接官に興味を持ってもらう

就活の最後の難関でもある面接。

この面接が採用の合否を決定する事は誰もが知っています。

ですので、面接時にいかに自分をアピールするか、いかに自分の魅力を引き出すのか、という事は非常に重要になってきます。

自分の魅力を面接官にしっかり伝える事ができなければ面接官に興味を持ってもらえず、採用をもらえる可能性も低くなってしまうでしょう。

面接官に興味を持ってもらうには自分の魅力を面接官に伝える事は必須になります。

自己分析をして自分の魅力を探す

人によって魅力は様々です。

話し方がうまい、立ち振る舞い方が美しい、何かスキルや特技を持っている、笑顔が素敵、と言ったように人によってアピールする事ができる魅力は様々です。

まずは面接官にアピールする事ができる自分の魅力を探しましょう。

上記でご紹介して事以外にもその企業で活かせる自分の魅力でもいいです。

なにかひとつでその企業にとってプラスになる、活かす事ができる魅力を見つけましょう。

こうした魅力を見つけるためにも自分の性格、長所をしっかり把握しとかなければいけません。

自己分析を行う事で自分の内面的な事を知る事ができるので、自分の魅力を見つける事ができないという方はまずは自己分析から始めてみる事をおすすめします。

自分の魅力をしっかり伝えるには

自分の魅力を見つける事ができたら、その魅力を面接の時にしっかりアピールしましょう。

面接時には必ずと言っていいほど自分をアピールする事ができる質問や時間が用意されます。

この時にしっかり自分の魅力を面接官に伝える事ができれば面接官にも好印象を与える事ができます。

魅力を伝える時もただ魅力があるという事を伝えるのではなく、しっかりとしたその根拠を一緒に述べると面接官にもしっかり自分の魅力を伝える事ができます。

上記で何度も述べていますが、面接時に自分の魅力を引き出す事は大切な事になります。

自分の魅力を引き出す事ができれば就職を成功させる可能性も高くする事ができるの現在、面接を控えている方は自分の魅力を見つけ、面接時にしっかりアピールする事をおすすめします。

自分に自信を持って面接に挑むには

自信を持っている人ほど輝いて見える

面接を受ける際に大切になる事は多くありますが、その中でも特に大切になる事は自分に自信を持つ事ではないでしょうか。

自信がない表情や話し方をしていると面接官にも良い印象を与える事ができませんし、自分の事をアピールしても説得力が欠けてしまいます。

自信を持って面接に挑むのと自信なく面接に挑むのでは面接官にあたえる印象は大きく変わってきます。

面接官にとっては自信を持っている人ほど輝いて見えると聞きます。

面接は自分をアピールする事がポイントになってくるのでしっかり自信を持って面接に挑むようにしましょう。

自己分析をして自信をつける

就活を行なう際に大切になる自己分析をする事で自分がどういう人間なのか、自分の長所や得意とする事が見えてきます。

自己分析をする際、自分一人で行なわないで自分の事をよく知る家族や知人・友人に協力してもらいましょう。

自分以外の人に自分がどんな人間なのかという事を分析してもらえれば自分が今まで気付かなかった事にも気付く事ができ、その時に良い評価をもらう事ができればそれが自信にも繋がってきます。

企業研究を行なって自信をつける

企業研究を行いしっかり対策をする事で自信をつける事ができます。

面接時には企業に関しての事を聞かれる事が多くなります。

しっかり企業研究をする事で自信をつける事ができ、どんな質問がきても答えられるようになります。

また、企業研究をする事でその企業で働きたいという意欲を伝える事ができ、面接官に良い印象を与える事ができます。

体調を整える事も大事

また、体調管理も怠ってはいけません。

面接に挑む際には万全な体調で挑むようにしましょう。

寝不足や体調が悪い場合、脳の回転が遅くなってしまい今までしっかり面接対策を行なってきたとしてもいざという時に本来の自分を発揮できない可能性があります。

また、体調が良くないと思考もネガティブ思考になる傾向があります。

ネガティブになってしまうと自分にも自信を持つ事ができなくなり、面接には悪影響を与えてしまいます。

他にも体調が悪いと表情にも現れます。

顔色が悪く、目の下にクマがある場合は面接官にも良い印象を与える事ができなくなってしまうので面接の前日はしっかり体を休め万全な状態で面接に挑むようにしましょう。

万全な状態で面接に挑むためにやる事!

服装・身だしなみの確認

面接前日に行う事は多くあります。

しっかり面接に挑むためにも面接前日に行う準備をしっかり把握しときましょう。

ここでは面接前日に行う準備についてご紹介しています。

まず、面接に着ていくスーツやシャツにシワがないことを確認しましょう。

シワがある場合はアイロンをかけ、汚れがある場合は前日ではなく事前にクリーニングに出すようにしましょう。

他にも靴をキレイに磨いておく事も忘れてはいけません。

身だしなみは足元からという言葉があるように面接官にチェックされる可能性も十分に考えられますので注意が必要です。

身だしなみが整っていれば面接官に与える第一印象も良くなるので身だしなみはしっかり整えて面接に挑むようにしましょう。

企業に関する情報を再度、見直す

企業に関する情報を再度、見直すといいでしょう。

ホームページやパンフレットにもう一度目を通し、どのような事業内容なのかを再度確認するようにしましょう。

また、面接会場を確認する事も怠ってはいけません。

どのような交通手段で行けば良いのかという事を再度、頭に入れておきましょう。

前日ですと家を何時に出ればいいのか、面接会場まで何分かかるのか、などのことはもう把握できていると思いますが、念には念を入れましょう。

また、予想だにしない事故などもありえますので別ルートでの交通手段も用意しとく事をおすすめします。

面接には絶対遅れてはいけませんので時間には余裕を持って行動するようにしましょう。

前日までしっかり対策を行なう

そして、多くの方が面接前日には必ず行っているのが質問内容の確認です。

イメージトレーニングなどをして、どのような質問がきても応えられるように再度確認しときましょう。

友人や家族に面接官になってもらい、実際と同じシチュエーションで練習すると効果的ですので予行練習をする事をおすすめします。

面接は対策をしっかり行っていればどんな質問がきてもしっかり対応する事ができます。

前日までしっかり対策を行ない万全な状態で面接に挑むようにしましょう。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード