フリーターからプログラマーになる

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

現在、フリーターからプログラマーを目指している方もいると思います。プログラマー未経験のフリーターがプログラマーになる事はできるのでしょうか。近年、IT社会とも言われておりプログラマーの求人は多く見る事ができます。未経験者を歓迎している求人も比較的多く見る事ができ、フリーターの方でも求人に応募する事はできます。

自分がプログラマーに向いているのか見極める

プログラマーに向いている人ってどんな人?

現在、フリーターからプログラマーを目指している方もいると思います。

プログラマー未経験のフリーターがプログラマーになる事はできるのでしょうか。

近年、IT社会とも言われておりプログラマーの求人は多く見る事ができます。

未経験者を歓迎している求人も比較的多く見る事ができ、フリーターの方でも求人に応募する事はできます。

ただ、やはり未経験の場合は採用をもらえる可能性は低いといっていいでしょう。

未経験可の求人にはプログラマーとして経験がある方も応募しています。

未経験と経験者を比較するとやはり経験者を採用する企業は多いです。

もし、未経験からでも採用されても入社後に必死に勉強をする事が必要になります。

地味な作業が好き、同じ作業でも黙々と取り組める、わからない事は自分で調べて解決するといった性格の人でなければプログラマーになれてもすぐに挫折を経験してしまう可能性があります。

ただプログラマーに興味があるだけではプログラマーは務まらないので、自分の事を自己分析し、自分はプログラマーに向いているのかという事を見極めましょう。

スキルを身に付けて就活を有利にする

先ほども述べましたが未経験可のプログラマー求人には経験者も多く応募しています。

プログラマー未経験の方の場合ですと採用をもらえる可能性は低いです。

この不利な状況を少しでも埋めるためにもある程度のスキルを身に付けてから就活を行うことをおすすめします。

プログラムに関しては独学でも身に付ける事は可能ですし、プログラマーを養成している学校なども多くあります。

プログラマーに関するスキルを身に付けて資格や検定を取得するとより就活を有利に進める事ができ、採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

また、スキルを身に付ける事でポートフォリオを作成する事もできます。

就活をする際、このポートフォリオがあると企業側にスキルがあるという事を証明する事ができるので未経験者の方にとっては大きな武器になります。

上記でご紹介してきたようにプログラマー未経験者がプログラマーを目指す際、スキルを取得してから就活を行うと断然有利に就活を行う事ができます。

現在、フリーターからプログラマーを目指している方はスキルを身に付けたから就活を行う事も検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
リクルートの就職支援
就職Shop
評価:★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード