20代フリーターの就職ポイント

未経験可正社員求人が見つかるフリーター就職サイト

20代の正社員求人探し、仕事探しはやはり30代と比べて進めやすいです。29歳と30歳ではやはり大きな差があると言います。

20代の仕事探しはやはり30代と比べて進めやすい

20代前半は新卒と同様に見てもらえる!

20代の正社員求人探し、仕事探しはやはり30代と比べて進めやすいです。
29歳と30歳ではやはり大きな差があると言います。

今20代のフリーターの方は、せっかく正社員として就職しようと思ったのですからなかなか内定をもらう事が出来ない時期が続いたとしても、頑張って就職活動を続けてみてください。

20歳~25歳までの前半と、26歳~29歳までの20代後半ではアピールの仕方も少し変わってくるでしょう。
企業側としてもたとえアルバイト経験しかない場合であっても、年齢に見合った落ち着き、志望動機のまとめ方などは期待するものです。

ここは少し気をつけたいポイントです。

20代前半、特に23歳、24歳、25歳といった年齢はほとんど新卒と同様に見て貰えることもあります。
第二新卒として、優先的に採用を考えて貰える機会もあります。

これからまだまだ伸びる年齢、ということでポテンシャル採用をしてもらえる事も多いんです。

特にプログラマーやWEBデザイナー、最近だとスマホのアプリケーション開発エンジニアなどは未経験者可の求人も多いんですね。

もしコツコツと何かを作り上げることが好きであれば、こうしたエンジニア系、開発系の仕事も向いているかもしれません。
エンジニア関連で未経験可の正社員求人があれば、応募を検討してみても良いかもしれませんね。

20代の仕事探しで便利なフリーター就職サイト

20代前半は特にフリーターから正社員を目指して就職活動をするのであれば多少は有利な年齢かなと思います。

この年齢の方はせっかく就職しやすい年齢ということもありますから、就職活動をぜひ諦めず頑張ってみてほしいと思います。

20代の仕事探しで便利なフリーター就職サイトとしては、以下のような求人サイトなどがあります。

利用した事が無い求人サイト、就職支援サイトがあれば一度公式サイトをご覧になってみてください。

優良企業への就職をサポートしてくれる就職支援サイト『DYM就職』

DYM就職の特徴

  • 相談からの就職率96%!
  • 優良企業への就職をサポートしてくれる!
  • 就職成功者5,000人!
  • 優良企業の求人2,000社以上!
  • 書類選考なしで面接!

DMY就職をおすすめする理由!

DYM就職では厳選された2,000件以上の優良企業の求人を見つける事ができるので後悔のしない就職を行う事ができます。
エージェントのサポート(面接対策、応募書類の添削、服装指導など)も受ける事ができるので自分一人で就活を行うよりも断然、有利に就活を進めていく事ができます。

DMY就職 対応エリア

東京/大阪/福岡/札幌/名古屋/広島/仙台

DMY就職 関連ページ

フリーター向けの就職支援サイト『ハタラクティブ』

ハタラクティブの特徴

  • 若年層に特化した就職支援サポート!
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応!
  • 求人サイトにない非公開求人多数!
  • 厚労省の事業受託実績あり!
  • 未経験からでも大丈夫!

ハタラクティブをおすすめする理由!

ハタラクティブはフリーター向けの就職支援サイト。はじめて就活を行うという方でも安心して就活を行う事ができます。
求人探し、応募書類の作成サポート、面接対策など、専任コンサルタントのサポート体制も万全なので自分一人で就活を行うよりも断然、有利に就活を行なって行く事ができます。

ハタラクティブ 対応エリア

東京/埼玉/千葉/神奈川

ハタラクティブ 関連ページ

就職成功率80.3%!『ジェイック』

ジェイックの特徴

  • 就職成功率80.3%!
  • 正社員就職支援実績が豊富!
  • 未経験OKの優良企業だけを紹介してくれる!
  • 無料就職講座あり!
  • 専任の就職アドバイザーが個別にサポート!

ジェイックをおすすめする理由!

ジェイックをおすすめする理由はなんといっても就職成功率が高いという事。
専任アドバイザーの徹底したサポートや就職講座もあり、万全な状態で就活を行なって行く事ができます。また、紹介してもらえる求人も未経験OKの求人が中心になるのでフリーターからでも採用をもらえる可能性は高いです。

ジェイック 対応エリア

東京/埼玉/千葉/神奈川/宮城/愛知/大阪/神戸/福岡/広島

ジェイック 関連ページ

20代前半のフリーター就職

フリーター就職は20代前半まで!

20代前半のフリーター就職は、20代後半~30代と比べて有利になることが多いですね。

その理由としては、新卒や第二新卒と同様に見てくれることにあります。年齢が若いため、自社で育てようと考えている企業も多いですよ。

そのような企業・法人を見分けるには、まず求人項目に「未経験可」「未経験歓迎」が記載されているかどうかをチェックして下さい。

未経験でも応募できそうな求人募集があれば、業界を問わず履歴書を送ってみることも大切です。志望する業界が明確に決まっているのであれば、その業界で未経験可の求人を狙っても良いでしょう。

一般的にフリーター就職は20代前半までと言われます。実際、年齢を重ねれば重ねほど、就職は難しくなる傾向にありますから、20代前半の内に正社員や準社員、契約社員として職歴を作ることが大切ですね。

私も20代前半(24歳の時)に、初めて正社員として就職しました。それまで無職だったので、あなたよりも状況は厳しいと思います。それでも就職活動を行って正社員として採用されたのは、20代前半という年齢の若さがあったんですよね。

その後、何度か転職しましたが、20代後半よりも30代前半の時の方が厳しかったです。20代なら書類審査が通るような求人も、年齢が30を超えているため通らなかったことが何度もありました

40代の友人の話では、「コンビニの面接を受けたけど不採用だった…」と言っていましたよ。

そのように年齢を重ねれば重ねるほど(スキルとキャリアにもよりますが)、就職・転職が難しくなりますし、20代前半なら新卒と同様に評価してもらえることもありますので、まずは積極的に求人探しを行ってみて下さい。

20代前半でフリーターから正社員になるには?

20代前半でフリーターをしていると、『まだ将来なんとかなるかな?』と思うかもしれませんね。若さには希望と可能性がありますが、時間は瞬く間に過ぎていきます。

今は若くても、気づいたら30歳が目前に迫っていて、就職の選択肢が限られてしまう…ということは良くあります。

そうなった時に急いで未来を考えても厳しいので、今の内に積極的に行動すると良いでしょう。

目指す業界で必要な資格があれば、就職活動を行いながら勉強を始める、アルバイトからの正社員登用が多い業界なら、まずはその業界のバイト求人を探してみるなど、柔軟な行動を心がけてみて下さいね。

その第一歩として、正社員求人に強い就職支援サービスへの登録から始めると良いですよ。無料で利用できますので、気軽に登録されてみて下さい。

フリーターから正社員!フリーターの就職ポイント

20代後半のフリーター就職

20代後半フリーターにおすすめの就職支援サイト

次は20代後半フリーターの就活ポイントをご紹介しています。

20代も後半に差しかかると就活が不利になる場合があります。

特に28歳や29歳といった30代を目前に控えている方ですと残されている時間も短いという事で就活の幅も狭くなってしまいます。

正直に言って30代での就活はより厳しいものになります。

ですので、就職を決めるのであれば20代のうちに決める事が必須になります。

20歳後半からでも有利に就活が行うにはやはり、就職支援サイトを利用する事は必須になります。

20代後半フリーターにおすすめの就職支援サイトは以下の『ハタラクティブ』と『ジェイック』になります。

⇒DYM就職
⇒ハタラクティブ
⇒ジェイック

就職支援サイトのハタラクティブとジェイックでは20代後半からでも有利に就活が行えるようにコンサルタントが就活をしっかりサポートしてくれます。

20代向けの様々な職種の正社員求人も豊富に見る事ができるので求人探しも有利に行う事ができ、自分に合った求人、自分が探している求人を見つけられる可能性も高くする事ができます。

コンサルタントから様々なサポートを受ける事ができるので20代後半フリーターの心強い味方になってくれる存在です。

現在、20代後半で正社員を目指して就活を行なっている方にはおすすめできる就職支援サイトになります。

20代後半のフリーター就職について

20代後半のフリーター就職ですが、20代前半よりも厳しいと言われています。

実際、年齢重視で採用を行っている企業に関しては、20代後半よりも前半の方がアピールに繋がることでしょう。

全体的な傾向を見ても、就職に関しては若ければ若い方が有利という側面もあります。

しかし20代後半はまだまだ採用されやすいですよ。30歳を超えると途端に厳しくなりますし、40代になると更に難しいです。それは国の支援体制を見ても明らかですね。

たとえば失業保険(失業給付)を見ても、45歳以上は給付の日数が長かったりしますし、高齢者雇用で受けられる助成金も、企業にはあるようです。

そのため、27歳、28歳、29歳と20代後半に差し掛かっていても、積極的に就職活動を続けてみて下さいね。

20代後半のフリーター就職のポイントとしては、今までのバイト経験のアピールと、アルバイトを続けている理由を明確に伝えることです。

やはり企業としては、20代後半なら20代後半の落ち着きを求めます。18歳と23歳の印象が違うのと同様、24歳と29歳の年齢に受けるイメージも異なるわけです。

男性、女性でも異なりますが、まずは年齢に見合った経験をアピールするようにしましょう。

今はアルバイト経験が評価されることもあります。特に長く同じ職場で働いていたり、接客業、販売業が長い場合は自己PRとして伝えられるのではないでしょうか。

また、バイトリーダー的な立場で若い人達のまとめ役を行っていれば、その経験もアピールできますね。

正社員として採用されるために大切なこと

何となくアルバイトを続けていたのではなく、経験を積むためのバイトだったり、将来を考えて働いている場合は、そのことを素直に面接担当者に伝えるのも一つの方法ですよ。

明確な目標がなくアルバイトをしていた場合は、就職活動をしながら資格取得を目指す方法もあります。正社員として働きたいと考えている業界で必要な資格があればアピールできますし、勉強中であっても評価されるかもしれません。

企業としては、熱意と情熱を持って就職活動を行っている人間を採用したいんですよね。

やる気のない履歴書はすぐ分かりますし、給料や年収だけを目標に就職活動しても、なかなか採用に繋がりません。お金は大切ですが、それ以上に「なぜその業界で働きたいのか?」「なぜその会社でなければならないのか?」を考えるようにして下さい。

それにプラスして、今までのバイト経験でアピールできることがあれば、合わせて伝えると良いですね。

20代後半で正社員採用されるために、以上のことを気を付けてみて下さいね。

20代フリーターに人気のある仕事

20代フリーターから人気のあるお仕事ってなに!?

大学在学中に就職が決まらずフリーターになった、学校の卒業と同時に就職したがすぐに退職してしまって現在はフリーター、などフリーターとして過ごしている20代の方は多くいると思います。

20代の方は年齢も若いという事で30代の方よりも働けるお仕事は多くあり、求人探しも有利に行う事ができますので、1日でも早く自分に合った仕事を見つけてフリーターを抜け出してもらいたいと思います。

将来的な事を考えた時、正社員には1日でも早くなった方がいいです。

身に付くスキルもそれだけ多く、社会人としての経験もしっかり積む事ができるのでフリーターの生活を1日でも早く抜け出してほしいと思います。

20代フリーター男性に人気のお仕事

20代の男性フリーターから人気のあるお仕事でまず挙げられるものが『営業』のお仕事になるのではないでしょうか。

営業のお仕事はフリーターや未経験者からでも就職しやすいお仕事になり、求人サイトでも比較的多くの求人を見る事ができますね。

また、営業のお仕事を経験するだけでビジネスマナーやコミュニケーション能力も身に付ける事ができ、将来役に立つスキルを数多く身に付ける事ができますよ。

若い時に営業マンとして実績をしっかり積む事ができれば、後に様々な職種へスキルアップする事も十分に可能ですので将来的な事を考えと時、20代フリーターには営業のお仕事はおすすめできるお仕事のひとつになりますね。

他にもWEB業界のお仕事やIT関係のお仕事も20代フリーターの男性から人気のあるお仕事になります。

WEB業界のお仕事やIT関係のお仕事は今流行のお仕事とも言え、需要も高いと言えます。

今後もWEB業界やIT関係のお仕事は今以上に成長すると言われているので今以上に需要も高くなり、将来性がしっかりあるお仕事になりますね。

フリーターを歓迎している求人も多く見る事ができるの現在、正社員を目指して就活中の20代フリーターの方はWEB業界やIT関係のお仕事に就職する事も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

20代フリーター女性に人気のお仕事

20代の女性フリーターから人気のあるお仕事は事務系のお仕事やアパレル関係、コールセンター、販売、などのお仕事になりますね。

これらのお仕事は女性が中心になって活躍している傾向にあり、求人サイトでも多くの求人を見る事ができますのでフリーターからでも就職できるチャンスは十分にあります。

また、男性から人気のある営業のお仕事も女性から人気のあるお仕事のひとつになるので社会人に必要なスキルを身に付けたいという女性にはおすすめできるお仕事になりますよ。

失敗しない20代の転職方法

まずは自分のやりたい事を明確にする

20代で正社員を目指しているフリーターの方へ。

ここでは失敗しない20代の転職方法をご紹介しています。

20代の方ですと幅広く求人探しを行う事ができます。未経験可の正社員求人にももちろん応募する事ができるので正社員になれるチャンスは多くあるといってもいいでしょう。

しかし、ただ求人に応募するだけでは採用をもらえる可能性はただただ低くなるだけですので注意が必要です。

まずはその仕事が本当に自分に合っているのか、本当にやりたい仕事なのか、を見極めなければいけません。

採用をする企業側も適性を見極めているので本当にこの仕事をやりたいという気持ちをしっかり伝える事ができなければ採用をもらう事はできません。

ただ働ければいいという安易な考えや適当な気持ちで求人に応募しても採用をもらえる事はできないという事です。

ですので、仕事探しをする際にはまずは自分のやりたい事を明確にしましょう。

自分はなにに興味を持っているのか、何をしている時に楽しいと思うのか、何をしている時にやりがいを得る事ができるのか、などの事を自己分析をして明確にしましょう。

そうする事で明確な志望動機や自己PRも作成する事ができ、企業側にも好印象を与える事ができますよ。

フリーター就職 仕事選びのポイント

企業が求めている人物像を把握する

企業によって社風や求める人物像は大きく変わってきます。

同じ職種の仕事だとしても社風が違えば企業が求める人物像は変わってきますし、高学歴・高経歴だとしても企業が求める人物像でなければ採用をもらえない可能性もあります。

このように採用をもらうためにはその企業が求める人物像を把握する事も大切になるんですね。

現在では、自社の情報をホームページやSNSで公開している企業は多いです。事前にホームページやSNSに目を通し、その企業の社風や求めている人物像に関する情報を収集するようにしましょう。

そして、企業が求めている人物像に合わせて自分の事をアピールしていけば採用をもらえる可能性も高くする事ができますよ。

就職支援サービスを利用する

現在、正社員を目指しているフリーターさんは就職支援サービスをご存知でしょうか。

就職支援サービスとはその名の通り、就職を支援してくれる求人サイトになり、最近ではフリーター向けの就職支援サービスも多くあります。

この就職支援サービスを利用する事でフリーターでも有利に就職を行う事ができるんですね。

フリーター向けの正社員求人もありますし、なんといってもキャリアコンサルタントがフリーターの心強い味方になってくれます。

コンサルタントから求人探しのサポート、就職活動のサポートを受ける事ができ、就職を成功へと導いてくれます。

実際、多くのフリーターの方が就職支援サービスを利用して就職に成功しており、就職支援サービスを利用する事で正社員として就職できる可能性も高くする事ができます。

おすすめの就職サイト

就職成功率96%!
DYM就職
評価:★★★★★
フリーター向け就職サイト
ハタラクティブ
評価:★★★★★
優良企業の求人が豊富!
ジェイック
評価:★★★★★
リクルートの就職支援
就職Shop
評価:★★★★
運営会社はリクルート
リクナビNEXT
評価:★★★★

PICK UP!

注目キーワード